ニュース

ICT活用支援を、高齢社会白書 孤立防止で、21年版を決定

2021/6/11 9:28

 政府は11日、21年版高齢社会白書を閣議決定した。新型コロナウイルス感染拡大で高齢者の近所付き合いや仕事が減っていると指摘。地域社会から孤立しないよう、情報通信技術(ICT)の活用を支援し、オンラインでの交流やテレワークの実施を促すことが必要だとした。

 白書には、内閣府が実施した国際比較調査の結果も盛り込んだ。日本、米国、ドイツ、スウェーデンの60歳以上、計約5千人が回答した。

 新型コロナの影響を尋ねた設問では、収入の伴う仕事をしている高齢者のうち、日本は25・5%が仕事の日数や時間が減少。ほかは米国29・3%、ドイツ26・0%、スウェーデン13・2%。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • コロナ後の国債政策検討へ (6/24)

     財務省は24日、国の借金である国債の管理政策に関する有識者懇談会を解散し、新たな会議を設置する方針を明らかにした。国債の大量発行で対策費を賄っている新型コロナ感染拡大後の管理政策を検討し、国債の買い...

  • 東京で570人感染、3人死亡 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナの感染者が新たに570人報告されたと発表した。前週の同じ曜日より118人多い。直近7日間を平均した1日当たりの人数は439・6人で、前週比は113・8%。70〜90代の男性...

  • 変異株デルタプラス、日本でも (6/24)

     インドで最初に確認された新型コロナウイルス変異株のうち、感染力が強く要警戒とされる「デルタ株」を巡り、これに新たな変異が加わったタイプが24日までに、日本でも確認されていたことが分かった。海外では「...

  • 国内高齢者、半数超が1回接種 (6/24)

     国内の65歳以上の高齢者のうち、新型コロナウイルスワクチンを少なくとも1回接種した人が半数を超えたことが、政府の集計で24日分かった。高齢者への接種が始まった4月12日から2カ月余り。接種が本格化し...

  • 都内感染は「再拡大の予兆」 (6/24)

     東京都は24日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開いた。新規感染者の7日間平均が2週連続で増加して400人台に上り、専門家が「再拡大の予兆が見られる」と指摘。急激なリバウンド...