ニュース

子どもの居場所の重要さ示す 21年版白書、多いほど自分好き

2021/6/11 9:43
 居場所の数と「自分が好き」と感じる割合

 居場所の数と「自分が好き」と感じる割合

 政府は11日、21年版「子供・若者白書」を閣議決定した。家庭や学校、インターネット空間など「ほっとできる居場所」が多い人ほど、自分が好きだと感じやすいとの分析結果を紹介した。子どもの自殺が増えるなど、コロナ禍に伴う孤独・孤立が深刻な中、居場所の重要さが示された。内閣府の担当者は「行政や地域社会による多様な取り組みが必要だ」としている。

 「自分の部屋」「家庭」「学校」「地域」「職場」「ネット空間」の6項目のうち本人が「居場所」と感じる数を元にデータを分析した。居場所が0で「今の自分が好きだ」と答えた人は10・3%。居場所の数が増えるほど「好き」が増えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • コロナ下、長良川鵜飼開幕 (6/21)

     岐阜市の風物詩で、1300年以上続く伝統漁「長良川鵜飼」が21日、開幕した。例年は5月11日〜10月15日に行われるが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開始が3度延期された。 午後7時45分...

  • 宣言解除、繁華街に酔客 (6/21)

     10都道府県で発令された新型コロナウイルス緊急事態宣言が沖縄を除いて解除された21日、酒類提供の制限が緩和され、夜になるとさっそく繁華街に酔客の姿が戻った。ただ、いつ客足が元通りになるかは見通せず、...

  • 新500円硬貨打ち初め式 (6/21)

     新しい500円硬貨の製造を始める打ち初め式が21日、さいたま市の造幣局さいたま支局で開かれ、麻生太郎財務相らが出席した。圧印機のスイッチを押すと硬貨が次々に打ち出された。新硬貨は11月をめどに発行さ...

  • 希少ミニカバに赤ちゃん、大阪 (6/21)

     大阪府吹田市の生き物の展示施設「ニフレル」は21日、希少なミニカバの赤ちゃんが18日に生まれたと発表した。母親は施設で飼育されている8歳のフルフル、父親は7歳のモトモトで、性別はまだ不明。この2頭の...

  • コロナ緊急事態宣言の解除初日 (6/21)

     10都道府県で発令された新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が21日、沖縄を除いて解除された。リバウンドが懸念される中、飲食店の酒類提供自粛などの制限が緩和され、休館していた施設などが再開する。 宣...