ニュース

中国新疆自治区の人権侵害を否定 在日大使館がオンライン交流会

2021/6/11 20:11

 在日中国大使館(東京)は11日、新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族について、日本のメディアなどに向けたオンライン交流会を開いた。中国当局による強制労働や避妊の強要などの人権侵害について、自治区幹部は「反中国の政治家やメディアによるでっち上げ」と否定した。

 交流会は日本側と自治区政府や現地のウイグル族住民を中継やビデオ映像でつないで行われ、自治区政府が経済発展やテロ事件が4年間発生していないと説明した。

 強制収容所と批判を受ける「職業教育訓練センター」で学んだという女性は「職業技能や過激思想から抜け出す勉強ができた」と振り返り、強制性を否定した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • グテレス国連総長続投決定 (6/19)

     【ニューヨーク共同】国連総会は18日、今年末に1期目の任期を終えるアントニオ・グテレス事務総長(72)について、来年1月から5年間の続投を決める決議案を全会一致で採択した。グテレス氏は演説で、新型コ...

  • 米下院、台湾平和安定法案を提出 (6/18)

     【ワシントン共同】米下院の民主、共和両党の超党派議員は17日、米国の台湾支援強化を目指す「台湾平和安定法案」を提出した。台湾の国際機関への参加拡大や米台間の経済関係促進、中国に対する台湾の抑止力強化...

  • 金正恩氏「子どもに乳製品を」 (6/18)

     【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は17日、党中央委員会総会3日目の会議で、子どもの養育環境改善は国家の最重大政策だと強調し、国の負担で全国の子どもに乳製品など栄養食品を供給する方針を表明し...

  • 香港紙応援、売り切れ続出 (6/18)

     【香港共同】民主派の香港紙、蘋果日報(リンゴ日報)が18日、香港国家安全維持法(国安法)違反による幹部逮捕や本社捜索などの抑圧に抗議するため、通常の5倍以上の50万部を発行した。各地の新聞スタンドに...

  • 中朝貿易、前月比9割減 (6/18)

     【北京共同】中国税関総署は18日、北朝鮮との5月の貿易総額は前月比88・7%減の346万3千ドル(約3億8千万円)だったと発表した。北朝鮮が新型コロナウイルス変異株の世界的拡大などを受けて再び往来遮...