ニュース

ノーベル賞の根岸英一さんが死去 85歳、2010年に化学賞

2021/6/12 9:53
 根岸英一氏=2010年12月撮影

 根岸英一氏=2010年12月撮影

 【ワシントン共同】医薬品や農薬、液晶などの製造に役立つ効率的な有機化合物の合成方法を開発し、2010年にノーベル化学賞を受賞した米パデュー大名誉特別教授の根岸英一さんが6日、米インディアナ州の病院で死去した。85歳。パデュー大が11日までに発表した。死因は明らかにされていない。家族は来年、日本に埋葬する意向という。

 有機化合物をブロック玩具のように自由自在に組み立てる「クロスカップリング反応」を研究。炭素と炭素を結合させるのは難しかったが、反応を促す触媒に金属のパラジウムを使い、結合の目印に亜鉛を活用して効率を上げ、作成できる化合物の種類を増やした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ワクチン副反応「重大懸念なし」 (6/23)

     厚生労働省は23日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種後、重いアレルギー反応が出るアナフィラキシーと診断された症例は、13日までに接種約2324万回のうち238件だったと公表した。10...

  • 職場接種の受け付け、一時停止 (6/23)

     河野太郎行政改革担当相は23日、記者会見し新型コロナウイルスワクチンの職場接種と、自治体が大規模会場で実施する接種について申請の受け付けを一時停止すると発表した。1日のワクチン配送可能量の上限に達し...

  • 小規模飲食店対策は空調と仕切り (6/23)

     スーパーコンピューター「富岳」で新型コロナウイルス対策を研究する理化学研究所などのチームは23日、新たな飛沫拡散シミュレーションを公開した。小さな飲食店では換気に加えエアコンなどで空気をかき混ぜ、席...

  • 国内で1779人がコロナ感染 (6/23)

     国内で23日、新たに1779人の新型コロナウイルス感染者と58人の死者が報告された。感染者の内訳は東京619人、神奈川201人、千葉131人など。東京の感染者が600人を超えたのは5月28日以来。死...

  • 東京早くもリバウンドか (6/23)

     厚生労働省に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の脇田隆字座長は23日の会合後の記者会見で、東京の感染状況について「リバウンドの状況ではないか。特に若い人を中心に都心部から感染が始まっている」...