ニュース

ワクチン保管用の冷凍庫に不具合 EBAC製、温度が上昇

2021/6/13 21:03

 新型コロナウイルスワクチンを保管する超低温冷凍庫を製造するEBAC(東京)は13日までに、複数の冷凍庫の温度が上昇する不具合が確認されたと発表した。正常に溶接されていなかったことが原因とみられ、対象となる294台を回収し、正常な製品と入れ替える。

 EBACによると、冷凍庫は米ファイザー製のワクチン用。溶接機が故障し、代わりに使った溶接機で運転不良があったという。川崎市ではこの冷凍庫の不具合で6396回分のワクチンを廃棄することになった。

 冷凍庫の型番は「UD―80W74NF」で、保証番号が「UD801900NF」から「UD802526NF」までの製品。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • ワクチン売上高3・7兆円 (7/28)

     【ニューヨーク共同】米医薬品大手ファイザーは28日、ドイツのバイオ企業ビオンテックと開発した新型コロナウイルスワクチンについて、2021年12月期の売上高見通しを、従来の29%増の335億ドル(約3...

  • 「第5波」止まらず諦めムードも (7/28)

     東京五輪開催中の首都圏を中心に、新型コロナウイルスの「第5波」に歯止めがかからない。全国の新規感染者が9千人を超えた28日、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県で、いずれも過去最多を更新した。繁華街で...

  • ボーイングが黒字転換 (7/28)

     【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングが28日発表した2021年4〜6月期決算は、純損益が5億6700万ドル(約624億円)の黒字に転換した。黒字は7四半期ぶり。新型コロナウイルスワクチンの接種...

  • 国内でコロナ感染、最多9千人超 (7/28)

     国内で28日、新たに9583人の新型コロナウイルス感染者が確認され、過去最多を更新した。首都圏1都3県で60%近くを占めた。感染力の強いインド由来の変異株(デルタ株)が首都圏を中心に猛威を振るってお...

  • 首都圏3県に緊急宣言検討 (7/28)

     政府は28日、新型コロナウイルス感染者が急増している埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県に対し、緊急事態宣言を発令する検討に入った。政府関係者が明らかにした。早ければ30日の政府対策本部で決定する見通し。...

 あなたにおすすめの記事