ニュース

接種証明7月中旬受け付け 全国自治体で申請開始

2021/6/17 6:16

 政府は、新型コロナウイルスワクチンの接種歴を公的に証明する「ワクチンパスポート」について、7月中旬にも全国の自治体で申請受け付けを開始する方向で調整に入った。所有者が海外に渡航した場合、入国後の隔離期間が免除や緩和となるよう各国と交渉を進める。政府関係者が16日、明らかにした。

 正式名称は「新型コロナウイルスワクチン接種証明書」。氏名や生年月日、旅券番号といった項目のほか、ワクチンの種類やメーカー、接種日などを日本語と英語で記載する。

 発行業務は予防接種法に基づく国からの法定受託事務として各自治体が担う。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 知事会「旅行帰省中止を」 (8/2)

     新型コロナウイルスの流行「第5波」が鮮明となり、全国知事会は1日、外出を厳しく制限するロックダウン(都市封鎖)のような手法の検討を含む国への緊急提言をまとめた。国民には夏休みの旅行や帰省の原則中止・...

  • 仙台市長に郡氏再選 (8/2)

     任期満了に伴う仙台市長選は1日投開票の結果、無所属現職郡和子氏(64)が、無所属新人の元自民党衆院議員加納三代氏(45)との女性同士の一騎打ちを制し、再選を果たした。 投票率は29・09%で、与野党...

  • 食品売り場除き営業再開へ (8/1)

     阪急阪神百貨店は1日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したため臨時休業した阪神百貨店梅田本店(大阪市北区)の営業を2日から再開すると発表した。地下1階と1階の食品売り場については2...

  • 全国知事会、感染拡大に危機感 (8/1)

     全国知事会は1日、新型コロナウイルス対策本部の会合をオンラインで開いた。感染力の強いデルタ株への危機感を訴え、国と地方が一体となりスピード感をもって抑え込むことが急務だとの見解で一致。人の移動が増え...

  • 1日の人出、7割で減少 (8/1)

     NTTドコモがまとめた1日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち約7割の68地点で前週日曜の7月25日から減った。新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が続く東京都、沖縄県に加え、...

 あなたにおすすめの記事