ニュース

野中生萌ら五輪代表勢決勝へ Sクライミング、複合ジャパン杯

2021/6/18 18:33

 スポーツクライミングでボルダリングとリードの2種目による複合ジャパンカップは18日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕して予選が行われ、女子の野中生萌と野口啓代、男子の楢崎智亜の東京五輪代表勢は各8人による19日の決勝に進んだ。

 昨年の大会までは東京五輪と同じくスピードを含めた3種目で争われたが、今回は2024年パリ五輪に合わせ2種目で実施。パリ五輪の順位決定方式は確定しておらず、成績をポイント化する暫定ルールを用いた。野中は女子トップで予選を突破し、ボルダリング1位、リード4位だった。

 男子代表の原田海は故障の影響で欠場した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • タラハゼが世界新で連覇 (8/4)

     重量挙げの男子109キロ超級はタラハゼ(ジョージア)がスナッチ223キロ、ジャーク265キロ、トータル488キロをマークし、いずれも自身の世界記録を更新して五輪連覇を達成した。日本選手は出場していな...

  • 川井梨紗子も「銀」以上確定 (8/4)

     レスリングの女子57キロ級は川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が2試合を勝って迎えた準決勝でリオ五輪53キロ級女王のマルーリス(米国)を2―1で下し、5日の決勝に進んだ。 62キロ級は初出場の川井友香...

  • バスケ町田、再びアシスト量産 (8/4)

     バスケットボール女子では、ガード町田が2試合続けてアシストを量産した。2日のナイジェリア戦でマークした、1試合五輪最多タイ記録にあと1と迫る14アシスト。決勝シュートの林や宮沢に正確なパスを次々と供...

  • 新競技の空手、組み合わせ決まる (8/4)

     5日始まる新競技の空手の組み合わせ抽選が4日、会場の日本武道館で行われ、形女子で金メダルを目指す清水希容は予選B組に入り、世界女王のサンドラ・サンチェス(スペイン)とは別の組となった。男子で金メダル...

  • 杉本主将「まばたきせずに見て」 (8/4)

     新体操日本代表「フェアリー(妖精)ジャパン」の団体と個人のメンバーが4日、東京・晴海の選手村入村に合わせてオンラインで記者会見し、初のメダル獲得を目指す団体の杉本早裕吏主将(トヨタ自動車)は「技数が...

 あなたにおすすめの記事