ニュース

喜田トップ、大岩が2位 新体操個人の五輪選考会

2021/6/19 18:55
 個人総合 喜田純鈴のリボン=高崎アリーナ

 個人総合 喜田純鈴のリボン=高崎アリーナ

 新体操個人の東京五輪代表選考会第1日は19日、群馬県の高崎アリーナで行われ、個人総合で全日本選手権3連覇の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)が4種目合計トップの97・350点をマークした。大岩千未来(イオン)が2位の96・950点。2016年リオデジャネイロ五輪代表の皆川夏穂(イオン)は精彩を欠き、3位の90・750点だった。

 選考会は代表2枠を懸け、日本体操協会の特別強化選手3人で争われる。個人総合を19、20日にそれぞれ実施して合計得点の高い方を採用し、上位2人を五輪代表に決定する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 五輪の暑さ対策、札幌でも課題 (8/3)

     東京五輪で暑さ対策が課題となる中、競歩とマラソンが行われる札幌市でも連日、最高気温が30度超の暑さが続いている。競技当日の5〜8日も真夏日の予報だ。暑さを避けるため東京から会場が移され、比較的涼しい...

  • ドイツ、団体追い抜きで世界新 (8/3)

     自転車の女子4000メートル団体追い抜きは、ドイツが決勝で4分4秒242の世界新をマークし優勝した。男子チームスプリントはオランダが41秒369の五輪新で英国との決勝を制して金メダル。 男子4000...

  • 芦川うららが平均台6位 (8/3)

     体操種目別決勝の女子平均台は補欠1番手だった芦川うらら(静岡新聞SBS)が繰り上がりで出場し、13・733点で6位だった。 精神的ストレスを理由に個人総合などを棄権した2016年リオデジャネイロ五輪...

  • 五輪、LGBTQ選手が躍進 (8/3)

     東京五輪で、LGBTQ(性的少数者)と公表した選手の活躍が目立っている。米ニュースサイトは「LGBTQ選手団」というくくりで数えたメダル獲得数は参加国・地域中8位になると報道。競技後に同性愛者だと明...

  • 吉田、吉岡組は7位後退 (8/3)

     セーリング470級は10レースを終え、ともに前日まで6位につけた女子の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)は7位、男子の岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組は8位に順位を下げて上位10艇に...

 あなたにおすすめの記事