ニュース

大川小遺族が聖火つなぐ サンドウィッチマンも、宮城

2021/6/19 19:56
 聖火のトーチを掲げて走る、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん=19日午後、宮城県女川町

 聖火のトーチを掲げて走る、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさん=19日午後、宮城県女川町

 東京五輪の聖火リレーは、19日午後も宮城県で続き、ランナーは東日本大震災で被災した沿岸部を進んだ。石巻市では、津波で児童と教職員計84人が犠牲となった市立大川小で娘を亡くした鈴木典行さん(56)が、「遺族が走ることで大川小で何が起きたのか知ってほしい」との思いで駆け抜けた。

 初日ゴールの女川町では、同県出身のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」が、被災地への思いを胸に走った。伊達みきおさん(46)は「震災から10年。世界からもたくさんの協力をしてもらった。きれいになった女川を感じてもらえたと思う」と語った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 床の新女王キャリー、村上ら圧倒 (8/2)

     体操女子床運動の新女王が決まると、21歳のキャリーは村上らと抱き合って互いの健闘をたたえた。2連覇が懸かっていたバイルスが棄権した種目別決勝。驚異的なDスコア(演技価値点)は6・3点で、5・9点だっ...

  • ポーランドが受け入れ (8/2)

     東京五輪陸上女子ベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ(24)が、コーチ批判を理由にチーム側に強制的に帰国させられそうになり拒否し、1日夜に羽田空港で警察や大会組織委員会に保護された。亡命を...

  • 村上茉愛が床運動で銅メダル (8/2)

     体操女子種目別決勝の床運動で2017年世界選手権覇者の村上茉愛(日体ク)が14・166点でメルニコワ(ROC)と並び、銅メダルを獲得した。女子の日本勢は1964年東京五輪で団体総合銅メダル以来57年...

  • レスリング文田健一郎が「銀」 (8/2)

     東京五輪第11日の2日、レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(25)=ミキハウス=が銀メダルを獲得した。 日本男子はフリースタイルを含めて1952年ヘルシンキ五輪から、不参加の...

  • 不正電波、五輪会場周辺で警戒中 (8/2)

     東京五輪の開催中、総務省が会場周辺での不正電波に対する監視を強化している。日本とは規格の異なる電波を発する海外のカメラなどが使われると正常な通信ができなくなり、競技や警備に支障を来す恐れがあるためだ...

 あなたにおすすめの記事