ニュース

主要企業の97%、職場接種へ 対象200万人、副反応が課題

2021/6/19 20:53
 新型コロナワクチン職場接種の対象者が多い主な企業

 新型コロナワクチン職場接種の対象者が多い主な企業

 新型コロナウイルスワクチンの職場接種に関し、主要116社のうち、97%に当たる112社が実施する意向であることが19日、共同通信のアンケートで分かった。対象は少なくとも計約200万人。59%(69社)は、接種当日や翌日に取得できる「ワクチン休暇」を導入したか導入方針と答えた。課題や懸念として、副反応への対応や医療従事者の確保を挙げる企業が多かった。

 21日からは各地で職場接種や大学接種が始まり、若者から現役世代までの一般接種が本格化する。職場接種は千人以上が前提。日本企業の99・7%を占める中小企業は大企業より対応が難しく、企業規模で格差が生じかねない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • チュニジア議会停止で緊張 (7/26)

     【カイロ共同】政府の新型コロナウイルス対応を批判するデモ拡大から大統領が議会停止を宣言したチュニジアの首都チュニスで26日、国民代表議会のガンヌーシ議長が支持者らとともに議会に向かったが、治安部隊が...

  • 比大統領「妥協の余地なし」 (7/26)

     【マニラ共同】フィリピンのドゥテルテ大統領は26日、マニラで施政方針演説を行った。南シナ海での中国の主権主張を退けた2016年の仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)の判断は「国際法の一部で妥協の余地はない...

  • 新規予約、35分間で埋まる (7/26)

     自衛隊が東京と大阪で運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの29日から8月1日に1回目接種をする予約が約35分間で全て埋まった。26日午後6時から防衛省ホームページと通信アプリLINE...

  • 国内4692人感染、12人死亡 (7/26)

     国内で26日、新たに4692人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京1429人、神奈川540人、千葉509人、埼玉449人など。死者は神奈川、愛知、沖縄で各2人など計12人。 厚生労働省による...

  • 緊急宣言の人出抑制効果薄まる (7/26)

     新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言は、回を重ねるごとに人出を抑制する効果が薄まっている。東京都で4回目の宣言開始から2週間を前にした25日の人出は、1回目の宣言開始前の昨年3月(日曜日平均)に比べ...