ニュース

ワクチン副反応「重大懸念なし」 厚労省専門部会

2021/6/23 23:29

 厚生労働省は23日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種後、重いアレルギー反応が出るアナフィラキシーと診断された症例は、13日までに接種約2324万回のうち238件だったと公表した。100万回当たりでは10件。多くは軽快し、同省の専門部会は「重大な懸念は認められない」とした。

 厚労省によると、死亡例は前回会合の6月9日から18日までに、ファイザー製で159人、米モデルナ製で1人の計160人だった。モデルナ製接種後の死亡例公表は初めて。ワクチンとの因果関係は79人が分析中で、残りは関係が認められないか、評価できないとされた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 宣言拡大は状況見ながら、厚労相 (8/1)

     田村憲久厚生労働相は1日のNHK番組で、新型コロナウイルス緊急事態宣言の対象地域を全国へ拡大することについて「感染が全国的に広がりつつあるのは確か。状況を見ながらどう判断するかだ」と述べた。その上で...

  • 一時帰国者にワクチン接種始まる (8/1)

     海外から一時帰国する邦人を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が1日、成田、羽田両空港の特設会場で始まった。日本で未承認のワクチンが使われているケースや、接種が進まない発展途上国の居住者らを考...

  • トルコ南部で山火事続き死者6人 (8/1)

     【イスタンブール共同】トルコ南部の地中海沿岸各地で山火事が相次ぎ、当局によると、7月31日までの4日間に消防士2人を含む6人が死亡した。地元メディアによると、31日にはエーゲ海に面する南西部のリゾー...

  • 仏で接種促進反対デモが拡大 (8/1)

     【パリ共同】フランス各地で7月31日、新型コロナウイルスワクチン接種を強制に近い形で国民に促す政府措置に反対するデモが、3週連続で行われた。地元メディアが伝えた内務省のまとめによると、全国で180を...

  • ワクチンのみで抑止困難と行革相 (7/31)

     河野太郎行政改革担当相は31日夜のインターネット番組で、新型コロナウイルスのデルタ株による感染拡大について、ワクチン接種だけでは抑止困難との認識を示した。「ワクチンだけでどうにかするのは、なかなか厳...

 あなたにおすすめの記事