ニュース

東京原油が4万9千円超え 2年2カ月ぶり高値

2021/6/28 11:25
 イラン湾岸地域の製油所=2005年(ロイター=共同)

 イラン湾岸地域の製油所=2005年(ロイター=共同)

 週明け28日午前の東京商品取引所で中東産原油の先物が値上がりし、指標価格が一時1キロリットル当たり前週末比390円高の4万9050円を付け、2019年4月下旬以来約2年2カ月ぶりに節目の4万9千円を超えた。

 イランが国際原子力機関(IAEA)による核査察の暫定的受け入れ期間の延長を拒否したとの外国通信社の報道が要因。市場では、イランと米国との核合意再建に向けた間接協議が難航し、イラン産原油の禁輸措置が続くと連想された。原油市場の需給引き締まり観測から先物が上昇した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 26日10時30分  (7/26)

    <225種>          27902円06銭      前日比 +354円06銭  <TOPIX>         1928.64        前日比 +24.23    

  • 為替相場  26日(日本時間10時30分) (7/26)

    10時30分現在        1ドル=             110円38銭〜          110円42銭    前日比  −0円30銭   1ユーロ=            129円93銭...

  • 東京円、110円台半ば (7/26)

     連休明け26日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台半ばで取引された。 午前10時現在は連休前の21日と比べ37銭円安ドル高の1ドル=110円45〜49銭。ユーロは50銭円安ユーロ高の1...

  • 東証、465円高 (7/26)

     連休明け26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、連休前21日の終値と比べ465円00銭高の2万8013円00銭となった。

  • 24日人出、8割弱の地点で減少 (7/24)

     NTTドコモがまとめた24日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち8割弱の73地点で前週土曜の17日から減った。24日から五輪の競技が本格化し、自宅などでテレビ観戦する人が多かっ...