ニュース

NY株小幅反発、9ドル高 消費関連銘柄に買い

2021/6/30 5:47

 【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅に反発し、前日比9・02ドル高の3万4292・29ドルで取引を終えた。米の景況感を示す経済指標が改善したことで、消費関連銘柄に買いが入った。

 7月2日に米雇用統計の発表を控え、持ち高調整の売りが出て、上値は重かった。朝方は、前日に増配を発表した金融株も買われた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、27・83ポイント高の1万4528・34と連日の過去最高値。幅広い銘柄のSP500種株価指数も1・19ポイント高の4291・80と4営業日連続で最高値を更新した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 26日11時     (7/26)

    <225種>          27921円70銭      前日比 +373円70銭  <TOPIX>         1930.06        前日比 +25.65    

  • 為替相場  26日(日本時間11時) (7/26)

    11時現在           1ドル=             110円37銭〜          110円42銭    前日比  −0円29銭   1ユーロ=            129円96銭...

  • 東京円、110円台半ば (7/26)

     連休明け26日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台半ばで取引された。 午前10時現在は連休前の21日と比べ37銭円安ドル高の1ドル=110円45〜49銭。ユーロは50銭円安ユーロ高の1...

  • 東証、465円高 (7/26)

     連休明け26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、連休前21日の終値と比べ465円00銭高の2万8013円00銭となった。

  • 24日人出、8割弱の地点で減少 (7/24)

     NTTドコモがまとめた24日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち8割弱の73地点で前週土曜の17日から減った。24日から五輪の競技が本格化し、自宅などでテレビ観戦する人が多かっ...