ニュース

桜島で噴火活発化の恐れ 火山噴火予知連が見解

2021/6/30 19:24

 火山噴火予知連絡会(予知連、会長・清水洋・九州大大学院特任教授)は30日、定例会合をウェブ開催し、各地の活火山の状況を評価した。桜島(鹿児島県)は噴火活動が再び活発化する可能性があり、諏訪之瀬島(同)も引き続き火口周辺に影響を及ぼす程度の噴火が起きる可能性があるとした。

 予知連によれば、桜島は、姶良カルデラの地下深部に長期間にわたって供給されたマグマが蓄積されているとみられ、火山ガスの放出量も多いことから南岳山頂火口を中心に噴火活動が活発になる恐れがあるとした。

 諏訪之瀬島は、御岳火口の直下にマグマが上昇している可能性があるという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京の感染過去最多2848人 (7/27)

     東京都は27日、新型コロナウイルスの感染者が新たに2848人報告されたと発表した。1月7日の2520人を超えて過去最多となり、1月15日以来の2千人台。前週火曜日の今月20日から1461人増加した。...

  • ヤンバルクイナ、一目見たい (7/27)

     「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)の世界自然遺産登録から一夜明けた27日、希少な鳥類ヤンバルクイナを一目見ようと、沖縄県国頭村の生態展示学習施設「クイナの森」はマスク姿の家...

  • JAXA、新型エンジン実験成功 (7/27)

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で、メタンと酸素の混合ガスの燃焼時に生まれる衝撃波を利用した新型エンジンを搭載した、観測ロケット「S―520」31号機を...

  • 兵庫県警の感染者12人に (7/27)

     警視庁は27日、東京五輪・パラリンピックの警備を担う「特別派遣部隊」として兵庫県警機動隊から派遣された20代の巡査長や巡査計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。24、25日には同隊の9人の...

  • 五輪選手2人含む7人陽性 (7/27)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は27日、大会関連で、海外から来日した選手2人を含む7人が新たに新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。大会関連の陽性者は今月1日以降、160人となった。2...