ニュース

デジタル課税、23年実施で合意 最低法人税15%以上、OECD

2021/7/2 0:49
 OECD大枠合意のポイント

 OECD大枠合意のポイント

 経済協力開発機構(OECD)は1日、国際的な法人税改革のルール作りに向けた交渉会合を開き、巨大IT企業などの税逃れを防ぐデジタル課税と、企業誘致を目的とした法人税の引き下げ競争に歯止めをかける各国共通の最低税率の導入で大枠合意した。2023年実施を目指すことでも一致。最低法人税率は「15%以上」とする。

 会合はオンラインで行われ、日米欧の先進7カ国(G7)から途上国まで約140カ国・地域が参加した。グーグルやアップルなど「GAFA」と呼ばれる米巨大IT企業への課税が十分でないとの問題意識から議論が始まった国際課税強化は、実現に大きく前進する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証、465円高 (7/26)

     連休明け26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、連休前21日の終値と比べ465円00銭高の2万8013円00銭となった。

  • 東京株式 26日09時15分  (7/26)

    <225種>          28013円00銭      前日比 +465円00銭  <TOPIX>         1936.66        前日比 +32.25    

  • 為替相場  26日(日本時間 9時) (7/26)

     9時現在           1ドル=             110円54銭〜          110円58銭    前日比  −0円46銭   1ユーロ=            130円14銭...

  • 24日人出、8割弱の地点で減少 (7/24)

     NTTドコモがまとめた24日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち8割弱の73地点で前週土曜の17日から減った。24日から五輪の競技が本格化し、自宅などでテレビ観戦する人が多かっ...

  • 地方企業への外資関与を監視 (7/24)

     財務省が、地方企業に対する外国企業の出資や経営関与を監視する要員を全国の財務局に配置する方針を固めたことが24日、分かった。国の安全保障に関わる重要技術が海外に流出するのを防ぐのが狙い。8月末にまと...