ニュース

良品計画、新疆綿の使用継続 新社長に堂前氏、経営基盤拡充へ

2021/7/2 17:46

 良品計画の松崎暁社長は2日、都内で記者会見し、中国新疆ウイグル自治区で生産される綿について「継続的に使用していく」と述べた。同社は、松崎氏が退任し堂前宣夫専務が社長に昇格する9月1日付の人事も発表した。松崎氏は副会長となる。

 松崎氏はウイグル問題に関し、4月の種まき時に同社が外部に依頼して新たに実施した監査で「重大な人権侵害はなかった」と説明した。

 同社は9月からの事業年度を「第2創業」と位置付ける新中期経営計画を策定。新たな経営体制の下、経営基盤の拡充を図るという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 堂島商取、コメ先物試験上場断念 (7/28)

     大阪堂島商品取引所が農林水産省に申請中のコメ先物取引の本上場について、農水省の認可が得られなかった場合でも、試験上場の延長申請はしないことが28日、関係者への取材で分かった。これまで4回延長しており...

  • 為替相場  28日(日本時間19時) (7/28)

    19時現在           1ドル=             109円98銭〜          109円99銭    前日比  +0円10銭   1ユーロ=            129円94銭...

  • 三菱電機社長に漆間氏昇格 (7/28)

     三菱電機は28日、鉄道車両向け機器の検査不正で引責辞任の意向を表明していた杉山武史社長(64)が退任し、後任に漆間啓専務執行役(62)が昇格する同日付の人事を発表した。新体制で不正の全容を解明し、再...

  • 東京円、109円台後半 (7/28)

     28日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台後半で取引された。 午後5時現在は前日比11銭円高ドル安の1ドル=109円97〜98銭。ユーロは12銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円82〜86銭...

  • 東証反落、終値2万7581円 (7/28)

     28日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反落した。終値は前日比388円56銭安の2万7581円66銭。感染力が強い新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」の世界的な流行が改めて不安視され、...

 あなたにおすすめの記事