ニュース

デジタル税、日本も数社対象か 世界100社、OECD大枠合意

2021/7/2 18:13

 経済協力開発機構(OECD)が大枠合意した巨大IT企業などの税逃れを防ぐデジタル課税で、課税対象となる世界の多国籍企業100社程度の中に、日本企業が数社含まれる可能性があることが2日、分かった。

 デジタル課税は、国内に支店や工場などの拠点がなくても、通信販売などのサービス利用者がいれば各国が課税できる仕組み。世界売り上げが200億ユーロ(約2兆6千億円)超で、売上高に占める税引き前利益の割合が10%超の多国籍企業が対象。銀行や保険などは対象外となる。

 この基準を当てはめると、国内ではトヨタ自動車やソニーグループ、NTT、武田薬品工業などが対象に含まれる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 26日10時30分  (7/26)

    <225種>          27902円06銭      前日比 +354円06銭  <TOPIX>         1928.64        前日比 +24.23    

  • 為替相場  26日(日本時間10時30分) (7/26)

    10時30分現在        1ドル=             110円38銭〜          110円42銭    前日比  −0円30銭   1ユーロ=            129円93銭...

  • 東京円、110円台半ば (7/26)

     連休明け26日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台半ばで取引された。 午前10時現在は連休前の21日と比べ37銭円安ドル高の1ドル=110円45〜49銭。ユーロは50銭円安ユーロ高の1...

  • 東証、465円高 (7/26)

     連休明け26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、連休前21日の終値と比べ465円00銭高の2万8013円00銭となった。

  • 24日人出、8割弱の地点で減少 (7/24)

     NTTドコモがまとめた24日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち8割弱の73地点で前週土曜の17日から減った。24日から五輪の競技が本格化し、自宅などでテレビ観戦する人が多かっ...