ニュース

国内最古、恐竜の卵の化石 岐阜・高山、白亜紀前期

2021/7/3 11:32
 トロオドン科恐竜の復元画(小田隆さん画)

 トロオドン科恐竜の復元画(小田隆さん画)

 岐阜県高山市荘川町にある約1億3千万年前の白亜紀前期の地層から、恐竜の卵として国内最古の化石が見つかったと、岐阜県博物館や筑波大(茨城県)などのチームが3日発表した。7月22日から9月12日まで岐阜県博物館で展示される。

 調査を主導した筑波大の大学院生植松里菜さん(22)は「世界的にも卵化石の発見が少ない時代の地層。恐竜の進化や生態を考える上で重要な発見だ」と話した。

 卵の殻の一部を含む化石は計5個あり、殻の部分の大きさは最大1・7センチ、厚さは平均0・5ミリ程度。全長1・5mほどの小型恐竜のものとみられる。鳥類に近いトロオドン科の可能性が高い。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内4692人感染、12人死亡 (7/26)

     国内で26日、新たに4692人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京1429人、神奈川540人、千葉509人、埼玉449人など。死者は神奈川、愛知、沖縄で各2人など計12人。 厚生労働省による...

  • 新規予約、35分間で埋まる (7/26)

     自衛隊が東京と大阪で運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの29日から8月1日に1回目接種をする予約が約35分間で全て埋まった。26日午後6時から防衛省ホームページと通信アプリLINE...

  • 奄美・沖縄4島に登録決定の吉報 (7/26)

     奄美・沖縄4島に待ちわびた吉報が届いた―。住民らは世界自然遺産登録の決定に「自然を後世に引き継ぐ」と決意。観光客の急増や米軍が残した廃棄物の問題を不安視する声も上がった。 「素晴らしい島と認められて...

  • 原爆後の広島写真にバツ印 (7/26)

     昨年11月に佐賀県唐津市で開かれた県原子力防災訓練で、同市が原発との違いを説明する目的で、原爆が投下された広島市内などの写真に赤色のバツ印を付けた資料を使用していたことが26日、分かった。 広島県原...

  • 千葉で最多509人感染 (7/26)

     千葉県で26日、1日の新型コロナウイルス新規感染者数としては過去最多となる509人の感染が確認された。県と千葉市、船橋市、柏市が発表した。 県によると、これまでは同県に緊急事態宣言が発令されていた1...