• トップ >
  • ニュース >
  • 社会 >
  • 熱海の土石流、盛り土含め大規模崩落 宅地造成の経緯、静岡県が調査へ

ニュース

熱海の土石流、盛り土含め大規模崩落 宅地造成の経緯、静岡県が調査へ

2021/7/4 21:34
 静岡県が調査のため飛ばしたドローンが撮影した土石流の発生源の様子=3日午後4時半ごろ、静岡県熱海市伊豆山(静岡県提供)

 静岡県が調査のため飛ばしたドローンが撮影した土石流の発生源の様子=3日午後4時半ごろ、静岡県熱海市伊豆山(静岡県提供)

 静岡県は4日、熱海市伊豆山で発生した土石流の発生源となった山中を調査した結果、幅100メートル、深さ最大10メートル以上の大規模な崩落が起きていたと明らかにした。一帯では宅地造成が行われ、約5・4万立方メートルの盛り土があった。これを含めた10万立方メートルが崩落して「被害を甚大化」させたとみて、開発の経緯を調査する方針だ。

 逢初川の河口から上流2キロ付近で、職員とドローンによって現地調査。国土交通省の過去の地形データと静岡県の2020年のデータから、盛り土の堆積が進んでいたことを確認した。10年以上前から行われていたとみられるという。

【豪雨災害関連記事】
定点写真 西日本号被災地の姿

避難所で触れた優しさ、今度は自分が 

誤食が不安、逃げ場なく【アレルギーの子を守るために 西日本豪雨3年】


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 台風8号、本州方面へ (7/26)

     台風8号は26日、発達しながら日本の東を北寄りに進んだ。27日ごろに東北から東日本に接近して上陸する恐れがあり、気象庁は大雨による土砂災害のほか、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を...

  • 大阪大の審良教授、捜索続く (7/26)

     奈良県警などは26日、奈良県天川村で登山中に遭難した可能性のある大阪大特任教授の審良静男さん(68)の捜索を続けた。捜索は2日目。審良さんは免疫学の研究で知られ、ノーベル医学生理学賞の有力候補として...

  • 2mのイグアナ逃げ出す、埼玉 (7/26)

     埼玉県川越市で25日午後2時10分ごろ、イグアナが所在不明になったと市内の20代女性から110番があった。川越署によると、住宅で女性が飼育していたグリーンイグアナが逃げ出したという。体長は約2m。2...

  • 母親「美帆に会いたい」、相模原 (7/26)

     相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、45人が殺傷された事件は26日、発生から5年を迎えた。事件で娘の美帆さん=当時(19)=を亡くした母親は、代理人弁護士を通じ「美帆に会い...

  • 台風8号、27日ごろ本州接近へ (7/26)

     大型の台風8号は25日、発達しながら日本の東を北寄りに進んだ。27日ごろには東日本から東北に接近して上陸する恐れがあり、気象庁は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛け...