ニュース

先天性のあざ消しへ治験 皮膚切除、高圧処理し移植

2021/7/5 6:12

 生まれつき皮膚に黒褐色の巨大なあざがある病気に対し、患部を切除し原因細胞を高圧で死滅させた上で張り直す治療の臨床研究に成功したと、京都大の森本尚樹教授(形成外科)らが5日までに発表した。組織に高い圧力をかける装置を医療機器として製造販売できるよう、近く京大病院で患者3人が参加する治験を始める。

 「先天性巨大色素性母斑」は新生児の約2万人に1人が発症する。皮膚の下層にある真皮でメラニン色素を作る「母斑細胞」による良性腫瘍だが、放置すると数%はがんになる。


  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 阪神梅田本店で新たに18人感染 (8/3)

     阪急阪神百貨店は3日、新型コロナウイルスの集団感染のあった阪神百貨店梅田本店(大阪市北区)で新たに従業員18人の感染が判明したと発表した。感染者は従業員115人になった。

  • 高齢者も自宅療養の可能性 (8/3)

     新型コロナウイルス患者の入院要件を厳格化した政府方針について、田村憲久厚生労働相は3日の記者会見で、高齢者や基礎疾患がある人が自宅療養となる可能性があるとの見解を示した。これまでは原則入院だったが「...

  • ライチョウ11羽、動物園に (8/3)

     環境省信越自然環境事務所は3日、長野県の中央アルプス駒ケ岳で保護していた国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウ11羽を、長野市の「茶臼山動物園」と栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」にヘリコ...

  • ネコ、イヌからマダニ感染症 12件確認、死亡例も (8/3)

     ネコやイヌなどのペットから人に致死率の高い感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」がうつった例が少なくとも12件確認され、うち1件は死亡していたことが3日、国立感染症研究所などの調査で分かった...

  • 仏大統領、接種へ説得攻勢 (8/3)

     【パリ共同】フランスのマクロン大統領は2日、会員制交流サイト(SNS)に自撮り動画を投稿し、新型コロナウイルスワクチンの接種をためらっている国民らに対して「直接質問を受け付ける」と表明、動画での回答...

 あなたにおすすめの記事