ニュース

日本海側中心に大雨の恐れ 気象庁、土砂災害に警戒を

2021/7/5 7:49

 西日本から東日本の日本海側を中心に5日は大雨になる恐れがあるとして、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。土石流で被害が出た東海では引き続き土砂災害の危険度の高い所があるとしている。

 気象庁によると、梅雨前線が対馬海峡付近から本州を通って日本の東へ延びており、前線上の低気圧が日本海を北東へ進んでいる。暖かく湿った空気が流れ込むため前線の活動が活発となり、5日は大気の状態が不安定になる見込み。

 6日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で九州北部120ミリ、北陸、東海、中国100ミリとしている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 台風8号、本州方面へ (7/26)

     台風8号は26日、発達しながら日本の東を北寄りに進んだ。27日ごろに東北から東日本に接近して上陸する恐れがあり、気象庁は大雨による土砂災害のほか、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を...

  • 大阪大の審良教授、捜索続く (7/26)

     奈良県警などは26日、奈良県天川村で登山中に遭難した可能性のある大阪大特任教授の審良静男さん(68)の捜索を続けた。捜索は2日目。審良さんは免疫学の研究で知られ、ノーベル医学生理学賞の有力候補として...

  • 母親「美帆に会いたい」、相模原 (7/26)

     相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、45人が殺傷された事件は26日、発生から5年を迎えた。事件で娘の美帆さん=当時(19)=を亡くした母親は、代理人弁護士を通じ「美帆に会い...

  • 体長約2メートルのイグアナ不明 (7/26)

     25日午後2時10分ごろ、埼玉県川越市の20代女性から、飼っているイグアナが所在不明になっていると110番があった。体長は約2メートルという。県警は、人を襲うなどの危険性は少ないとしているが、「付近...

  • 台風8号、27日ごろ本州接近へ (7/26)

     大型の台風8号は25日、発達しながら日本の東を北寄りに進んだ。27日ごろには東日本から東北に接近して上陸する恐れがあり、気象庁は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛け...