ニュース

流産の悲しみ、ケア充実を 厚労省、自治体に体制整備促す

2021/7/5 8:56

 晩婚・晩産化の進展で不妊治療を受ける人が増える一方、流産や死産を経験した女性が適切なケアを受けられずにいる現状を受け、厚生労働省が5日までに支援強化に乗り出した。菅政権が掲げる不妊治療支援の一環で、悲しみや喪失感を支える「グリーフケア」を、既存の妊産婦支援事業を利用してきめ細かく実施するよう、自治体に通知した。

 専門職によるカウンセリングや当事者同士が体験を分かち合う会の運営などを想定。自治体職員や医療従事者を対象に、妊産婦のメンタルヘルスケア研修も実施する。

 通知では、流産や死産を経験した女性も母子保健法上の支援対象であることを明確化した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 唾液で迅速に大腸がん検査 (8/3)

     慶応大先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)の曽我朋義教授らは3日までに、唾液による大腸がん検査について、多くの人から採取した検体を一度に測定する技術を開発したと発表した。精度も高い上、検査に要する時間...

  • カクテル療法在宅患者にもと表明 (8/2)

     菅義偉首相は2日、重症化を防ぐ効果がある新治療薬の抗体カクテル療法について「50代以上や基礎疾患のある方に積極的に投与し、在宅患者も含めた取り組みを進める」と述べた。この治療法は、酸素投与は必要ない...

  • 政府、肺炎など中等症も自宅療養 (8/2)

     政府は2日夕、新型コロナウイルス感染症の医療提供体制に関する閣僚会議を首相官邸で開き、肺炎などの症状がある中等症について重症化リスクが高い人を除き、自宅療養とすることを決めた。家庭内感染の恐れや自宅...

  • 「第5波」波及、抑制へ正念場 (8/2)

     新型コロナウイルスの「第5波」が全国各地に波及しつつある。1日当たりの新規感染者数はこの1週間弱で14都府県が過去最多を更新。緊急事態宣言の対象は2日、6都府県に拡大した。夏休みは本格化し、人の移動...

  • 国内で新たに8393人感染 (8/2)

     国内で2日、新たに8393人の新型コロナウイルス感染者が確認された。前週月曜日の約1・8倍となった。都道府県別では東京2195人、神奈川1686人、千葉787人、埼玉762人など。死者は神奈川で5人...

 あなたにおすすめの記事