ニュース

東証、午前終値は2万8725円 一時100円超高

2021/7/6 11:58

 6日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発し、上げ幅は一時100円を超えた。前日に平均株価が2週間ぶりの安値を付けたため、値ごろ感から買い注文が先行した。ただ、新型コロナウイルス感染再拡大への懸念は根強く、相場の重荷となった。

 午前終値は前日終値比127円62銭高の2万8725円81銭。東証株価指数(TOPIX)は10・35ポイント高の1959・34。

 5日に値を下げていたファーストリテイリングやソフトバンクグループなどの銘柄に、買い戻す動きが出た。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • コロナ禍で会社が二極化 (7/27)

     新型コロナウイルス禍で景気が低迷する中、上場企業が正社員数で二極化している。東京商工リサーチによると、2021年3月末が決算だった1898社のうち、60%の1140社が事業拡大などのために1年前より...

  • 定年制「必要」56・2% (7/27)

     定年の延長や廃止の動きが広がる中、全国の20〜60代の男女1100人に定年制の要否を尋ねたところ、必要とした割合は56・2%だったことが27日、民間調査で分かった。「若い世代への交代」のため必要だと...

  • 東証続伸、136円高 (7/27)

     27日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。終値は前日比136円93銭高の2万7970円22銭。朝方は前日の米国株式市場が値上がりした流れを受けて買い注文が先行した。一方で、中国当局が...

  • 為替相場  27日(日本時間16時) (7/27)

    16時現在           1ドル=             110円12銭〜          110円17銭    前日比  +0円08銭   1ユーロ=            129円84銭...

  • 東京株式 27日終値      (7/27)

    <225種>          27970円22銭      前日比 +136円93銭  <TOPIX>         1938.04        前日比 +12.42