ニュース

熱海の盛り土「不適正な点なし」 大規模土石流で静岡県

2021/7/6 19:23

 静岡県熱海市で発生した大規模土石流の起点にあった盛り土について、県は6日、現時点の調査結果として「不適正な点はなく、危険な状態だったとの認識もない」と説明した。被災状況を説明する県の記者会見で幹部が明らかにした。今後も調査を続ける。

 県幹部は「詳細を言える段階ではない」と断った上で「不適正な点はなく、危険性があるのに放置するとは考えにくい」との認識を示した。

 2007年に盛り土をした神奈川県小田原市の不動産管理会社(清算)の元幹部は共同通信の取材に「熱海市に届け出て盛り土をした。豪雨はこれまでもあったが、崩れることはなかった」と責任を否定している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 不正通報、二審も教授勝訴 (7/28)

     同僚教員の研究不正を通報して戒告処分を受けたとして、国士舘大の教授と元教授が大学側に処分の無効確認と賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は28日、一審東京地裁判決に続き教授への処分を無効とした。...

  • チラシ配布をヘイトと認定 (7/28)

     大阪市は28日、2018年に市内の在日韓国・朝鮮人の集住地域で起きた差別的な表現のチラシ配布が、市の有識者審査会でヘイトスピーチに認定されたと発表した。チラシには配布した個人の名も記されており、今後...

  • スーパーで転倒、賠償2千万円 (7/28)

     野菜売り場で転んだのは誰の責任? スーパーの生鮮野菜売り場で足を滑らせて転倒し、肘を負傷して障害が残ったとして、東京都豊島区の客の男性(63)がスーパーを経営する小田原百貨店(神奈川県小田原市)に損...

  • 武藤被告に罰金50万円 (7/28)

     落選した2019年4月の滋賀県議選で法定外の文書を配布したとして公選法違反罪に問われた元衆院議員武藤貴也被告(42)に、大津地裁(高橋孝治裁判官)は28日、求刑通り罰金50万円の判決を言い渡した。公...

  • 侍ジャパン「球場で見たかった」 (7/28)

     福島県営あづま球場(福島市)で28日、野球日本代表「侍ジャパン」がドミニカ共和国に逆転サヨナラ勝ちしたが、大歓声は響かなかった。同県での競技開催はこれで最後。新型コロナウイルス対策で無観客のまま福島...

 あなたにおすすめの記事