ニュース

社会保障費6600億円増 22年度、高齢化進み

2021/7/6 19:38

 国の2022年度の社会保障費が、21年度から6600億円増える見通しであることが6日、分かった。人口の多い団塊の世代が22年から75歳以上の後期高齢者になり始め、医療や介護の費用が膨らむのが要因だ。

 これは、社会保障制度に変更がなくても、高齢化などに伴って自動的に増える分で「自然増」と呼ばれる。21年度の自然増は4800億円の見通しで、22年度は大幅に増加する。

 社会保障費は国の一般会計予算の3分の1を占める。政府は6月「骨太方針」で、社会保障制度の見直しに取り組む方針を示しており、22年度予算編成では、制度改革による自然増の抑制が課題となりそうだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY円、109円後半 (7/30)

     【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比10銭円安ドル高の1ドル=109円53〜63銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1890〜1900ドル、130円32...

  • たばこ、173銘柄を値上げへ (7/30)

     日本たばこ産業(JT)は30日、10月のたばこ税増税に伴い、紙巻きたばこと葉巻たばこなど計173銘柄の値上げを財務省に申請したと発表した。認可を経て、10月1日に紙巻きたばこは1箱10〜40円、葉巻...

  • 為替相場  30日(日本時間21時) (7/30)

    21時現在           1ドル=             109円66銭〜          109円67銭    前日比  +0円20銭   1ユーロ=            130円33銭...

  • 住友ゴム、港湾用製品で検査不正 (7/30)

     住友ゴム工業は30日、加古川工場(兵庫県加古川市)で、接岸する船舶の衝撃を吸収する港湾岸壁用ゴム材の一部で検査不正が判明したと発表した。圧縮性能の試験で国際航路協会が定めた指針と異なる方法で実施した...

  • 転入手続きの簡略化へ実証実験 (7/30)

     内閣官房は30日、全国18市区で10〜11月に引っ越しワンストップサービスの実証実験をすると発表した。マイナンバーカードを使いオンラインで転出届を出せば、引っ越し先での転入手続きが簡略化される仕組み...

 あなたにおすすめの記事