ニュース

感染症情報バンク始動へ コロナ1万人データ収集

2021/7/7 8:50
 国の感染症データバンクの仕組み

 国の感染症データバンクの仕組み

 感染症患者の検体や治療の経過の情報を一元的に管理し、大学や企業に提供する国のデータバンク事業が、月内に始動する。まずは新型コロナウイルス感染症を対象にデータを集め、年度内に1万人分を目指す。患者のゲノム(全遺伝情報)解析も実施する。早ければ秋から大学や企業にデータを提供し始め、診断法や治療法の開発に活用してもらう。

 国が中心となって感染症研究のインフラを整えることで、迅速な治療法や薬、ワクチンの開発につなげるのが狙い。これまで各大学や医療機関でばらばらに管理してきたが、分析できる人が限られ、研究費が不足すれば保管が打ち切られるという問題があった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 美浜のテロ対策施設、来年9月に (8/2)

     関西電力は2日、運転開始から44年を超えて再稼働した美浜原発3号機に設置が義務付けられているテロ対策のための「特定重大事故等対処施設」(特重施設)を、来年9月ごろに完成させると発表した。施設の設置期...

  • IOC、緊急宣言を関係者に通知 (8/2)

     国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長は2日、東京五輪のメインプレスセンター(MPC)で記者会見し、新型コロナウイルス緊急事態宣言の内容について、大会関係者に文書で情報提供していると明ら...

  • 陸上選手ら3人が陽性に (8/2)

     トリニダード・トバゴのオリンピック委員会は2日までに、東京五輪の選手村に滞在していた陸上の選手2人と役員1人が新型コロナウイルスの定期検査で陽性になったと発表した。3人は宿泊療養施設に移り、隔離され...

  • 兵庫、愛媛県警の3人コロナ感染 (8/2)

     警視庁は2日、東京五輪・パラリンピックの警備担当として派遣された兵庫県警機動隊の30〜40代の男性巡査部長2人と、愛媛県警機動隊の30代男性巡査長の計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。全...

  • 日本の馬術のコーチが陽性 (8/2)

     日本オリンピック委員会(JOC)は2日、馬術の日本代表で指導するオランダ出身のビム・シュローダー・コーチが来日前に新型コロナウイルスの陽性判定を受け、大会参加を辞退したと発表した。日本選手団のメンバ...

 あなたにおすすめの記事