ニュース

5月の景気指数、3カ月ぶり悪化 半導体不足が影響

2021/7/7 15:37

 内閣府が7日発表した5月の景気動向指数(2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す「一致指数」が前月比2・6ポイント下落の92・7となり、3カ月ぶりに悪化した。基調判断は「改善」で据え置いた。

 世界的な半導体不足の影響で自動車の生産や出荷が落ち込み、部品などの関連産業にも影響が波及した。東京や大阪などへの3度目の緊急事態宣言による消費低迷も響いた。

 数カ月先の景気を映す「先行指数」は、前月比1・2ポイント下落の102・6となり、12カ月ぶりに悪化した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東芝、スカウトで社長選定 (7/30)

     東芝は30日、経営幹部のスカウトを手掛ける専門の2社に、綱川智社長の後継となる候補者選びの支援を依頼したと発表した。社内外から検討するとしている。 取締役会の声明として公表した。綱川氏が暫定的に兼務...

  • 為替相場  30日(日本時間22時) (7/30)

    22時現在           1ドル=             109円77銭〜          109円79銭    前日比  +0円09銭   1ユーロ=            130円40銭...

  • NY円、109円後半 (7/30)

     【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比10銭円安ドル高の1ドル=109円53〜63銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1890〜1900ドル、130円32...

  • たばこ、173銘柄を値上げへ (7/30)

     日本たばこ産業(JT)は30日、10月のたばこ税増税に伴い、紙巻きたばこと葉巻たばこなど計173銘柄の値上げを財務省に申請したと発表した。認可を経て、10月1日に紙巻きたばこは1箱10〜40円、葉巻...

  • 住友ゴム、港湾用製品で検査不正 (7/30)

     住友ゴム工業は30日、加古川工場(兵庫県加古川市)で、接岸する船舶の衝撃を吸収する港湾岸壁用ゴム材の一部で検査不正が判明したと発表した。圧縮性能の試験で国際航路協会が定めた指針と異なる方法で実施した...

 あなたにおすすめの記事