ニュース

オンライン初診、月2万回 コロナ特例、一定の需要

2021/7/7 17:45

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、特例的・時限的に初診からの診療を解禁しているオンライン診療について、厚生労働省は7日、昨年4〜9月の実績を公表した。初診の実施回数は月平均で約2万回、最多は昨年5月の2万9761回で、一定のニーズがあることが分かった。

 同日開催の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に報告した。

 報告によると、初めて緊急事態宣言が発令された昨年4〜5月の利用が目立ち、実施した医療機関の数も昨年4月の5518施設が最多だった。最も少なかったのは観光支援事業「Go To トラベル」の対象に東京の追加が決まった9月の2877施設だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • IOC、緊急宣言を関係者に通知 (8/2)

     国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長は2日、東京五輪のメインプレスセンター(MPC)で記者会見し、新型コロナウイルス緊急事態宣言の内容について、大会関係者に文書で情報提供していると明ら...

  • 陸上選手ら3人が陽性に (8/2)

     トリニダード・トバゴのオリンピック委員会は2日までに、東京五輪の選手村に滞在していた陸上の選手2人と役員1人が新型コロナウイルスの定期検査で陽性になったと発表した。3人は宿泊療養施設に移り、隔離され...

  • 兵庫、愛媛県警の3人コロナ感染 (8/2)

     警視庁は2日、東京五輪・パラリンピックの警備担当として派遣された兵庫県警機動隊の30〜40代の男性巡査部長2人と、愛媛県警機動隊の30代男性巡査長の計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。全...

  • 日本の馬術のコーチが陽性 (8/2)

     日本オリンピック委員会(JOC)は2日、馬術の日本代表で指導するオランダ出身のビム・シュローダー・コーチが来日前に新型コロナウイルスの陽性判定を受け、大会参加を辞退したと発表した。日本選手団のメンバ...

  • 東京、新規感染2195人 (8/2)

     東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに2195人報告されたと発表した。前週の月曜日だった7月26日の1429人を上回り、曜日ごとの最多を8日連続で更新。爆発的な感染拡大への懸念が強まってい...

 あなたにおすすめの記事