ニュース

自治体別ワクチン配分を公表 ファイザー製、8月2日以降

2021/7/7 18:10

 厚生労働省は7日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、8月2日からの2週間と、同16日からの2週間に、全国に追加配送する各約8千箱(約936万回分)の市区町村別の割当数を発表した。

 国は、実務を担う自治体が接種計画を立てやすいよう、2週間ごとの配送量を示した「基本配分計画」を示している。8月2日からと、同16日からの期間については各1万箱程度を配送できる見通しを示しており、今回はこのうちの12〜64歳の人口を踏まえて割り当てる各約8千箱の内訳を公表した。

 ただし、在庫が余っている市区町村については、配分量を1割削減するとした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 五輪は国内感染広げずとIOC (7/29)

     IOCのアダムス広報部長は29日、東京五輪のメインプレスセンターで記者会見し、国内で感染者数が過去最多を更新していることに関連し「五輪関係者は最も頻繁に検査されており、パラレルワールド(別の世界)み...

  • 五輪関連で24人がコロナ陽性 (7/29)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、大会関連で選手3人を含む24人が新たに新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。組織委が取りまとめた大会関連の陽性者数としては1日当たりで最多。陽性...

  • 尾身会長「さらに感染拡大する」 (7/29)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は29日、参院内閣委員会の閉会中審査で、首都圏を中心とした全国的な感染拡大について「今の最大の危機は社会一般の中で危機感が共有されてないことだ。危...

  • アストラ製、40歳以上で検討 (7/29)

     英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省が、40歳以上を予防接種法上の「臨時接種」の対象として位置付ける方向で検討していることが28日、分かった。30日の同省のワクチン分科...

  • 国内でコロナ感染、最多9千人超 (7/28)

     国内で28日、新たに9583人の新型コロナウイルス感染者が確認され、過去最多を更新した。首都圏1都3県で60%近くを占めた。感染力の強いインド由来の変異株(デルタ株)が首都圏を中心に猛威を振るってお...

 あなたにおすすめの記事