ニュース

奄美クロウサギの輪禍増加 世界遺産見据え対策議論

2021/7/8 5:27
 アマミノクロウサギ=3日、鹿児島県・奄美大島

 アマミノクロウサギ=3日、鹿児島県・奄美大島

 鹿児島県の奄美大島や徳之島に生息する国の特別天然記念物、アマミノクロウサギが車にはねられる被害が増えつつある。両島などは月内にも世界自然遺産に登録される見込みで、国際自然保護連合(IUCN)は貴重な野生動物の事故増加を懸念。環境省は8日までに奄美市で開いた検討会で、動物の道路への進入を防ぐフェンスの設置などを提言した。

 アマミノクロウサギは小さい耳に短い脚が特徴。近年、外来種マングースの駆除が進んだことなどで生息エリアが広がる一方、車にひかれる被害も増加傾向にある。昨年は奄美大島で過去最多の50件、徳之島でも2番目に多い16件が発生した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、感染者が初の5千人超 (8/5)

     東京都は5日、新型コロナの感染者が新たに5042人報告されたと発表した。4日の4166人を超えて2日連続で過去最多を更新し、初の5千人台に上った。首都圏は神奈川県1846人、埼玉県1235人、千葉県...

  • 東京都、中等症の入院継続 (8/5)

     東京都は5日、新型コロナのモニタリング会議を開き、今後の医療提供体制について、中等症患者を入院とする基準を維持する方針を示した。症状の改善後は医師の判断で早期に退院させ、自宅やホテルでの療養に移行し...

  • 10月上旬までに8割分を配送 (8/5)

     河野太郎行政改革担当相は5日の記者会見で、米ファイザー製新型コロナウイルスワクチンについて、47都道府県に配送する数量を発表した。10月上旬までの配送で、12歳以上の接種対象者の8割分に達するという...

  • 国内感染、初の1万5千人超 (8/5)

     国内で5日、新たに1万5263人の新型コロナウイルス感染者が確認され、2日連続で過去最多を更新した。1万5千人を超えたのは初めて。感染者は東京5042人、神奈川1846人、埼玉1235人、大阪108...

  • 発達早い1歳児は起床時刻が一定 (8/5)

     1歳児の睡眠に関する調査で、起床時刻が一定であることと知的発達の早さに関係があると5日、秋田大医学部付属病院(秋田市)などの研究グループが発表した。「乳幼児の発達をサポートする睡眠環境の解明につなげ...

 あなたにおすすめの記事