ニュース

熱海にボランティア応募2千人超 捜索続き活動見通せず

2021/7/9 8:51
 静岡県熱海市の災害ボランティアセンターのフェイスブック画面

 静岡県熱海市の災害ボランティアセンターのフェイスブック画面

 静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流で、市社会福祉協議会などが登録を受け付けている災害ボランティアに、2千人以上が応募していることが9日分かった。ただ現場では警察などの捜索活動が続き、二次災害の恐れもあるため受け入れ態勢は整っていない。実際にボランティア活動ができるのはいつになるのか見通せない状況だ。

 市社協などは発生から2日後の5日に災害ボランティアセンターを開設。新型コロナウイルス感染対策で、受け入れは県東部の住民に限定した。

 活動可能になれば連絡することにしているが、市社協のホームページなどを通じて登録したのは、8日朝時点で2370人に上る。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 原爆の日、黙とう求め署名送付 (8/4)

     秋葉忠利・前広島市長(78)は4日までに、6日の広島原爆の日に東京五輪の選手らに黙とうを呼び掛けるよう、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会に求める文書を郵送した。3日付。考えに賛同した...

  • 総菜踏んで転びけが、逆転敗訴 (8/4)

     スーパーのレジ前に落ちていた総菜の天ぷらを踏んで転び、けがをしたとして、東京都練馬区の男性(36)がスーパー大手サミット(東京)に約120万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は4日、約...

  • 二つの台風、相次ぎ襲来も (8/4)

     4日は南シナ海で台風9号が発生し、沖縄の南を進む別の熱帯低気圧も台風に変わる公算が大きい。今後、二つの台風が相次いで沖縄・奄美、西日本を襲う恐れがあり、気象庁は最新の進路予想や位置情報に注意するよう...

  • 政府、通学路の安全策取りまとめ (8/4)

     政府は4日、首相官邸で交通安全に関する関係閣僚会議を開き、千葉県八街市で下校中の小学生5人が飲酒運転の大型トラックにはねられ死傷した事故を受けた緊急対策を取りまとめた。通学路の安全確保と飲酒運転根絶...

  • 元NTT西課長に懲役3年 (8/4)

     不必要な機器を水増し発注するなどし、勤め先だったNTT西日本に約2億1500万円の損害を与えたとして背任罪に問われた元課長の安永健治被告(50)=兵庫県宝塚市=に、大阪地裁(渡部市郎裁判長)は4日、...

 あなたにおすすめの記事