ニュース

デジタル地図で盛り土調査 国交省、土石流に対応

2021/7/9 13:18
 静岡県熱海市伊豆山で発生した土石流の起点とみられる現場=7日(国交省TEC―FORCE撮影)

 静岡県熱海市伊豆山で発生した土石流の起点とみられる現場=7日(国交省TEC―FORCE撮影)

 国土交通省は9日、標高の変化を把握しやすいデジタル地図を活用し、全国にある盛り土の位置や数を調べると明らかにした。静岡県熱海市の土石流を受けた対応。1カ月程度で盛り土の可能性がある場所を特定し、安全点検などを実施する。

 赤羽一嘉国交相は9日、全ての盛り土を対象にした法規制がない現状に言及。「法律の網に掛からない盛り土の点検や対応をどうするかという問題意識を持っている。法律の穴がないか各省と点検する」と述べた。

 盛り土の調査は、国土地理院が作成した2000年ごろまでの地図と、08年以降の地図を照らし合わせ、標高が5メートル以上高くなった場所を抽出する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 登山の男女3人遭難か (8/3)

     2日午後6時25分ごろ、山形、新潟両県にまたがる朝日連峰に登山に出掛けた60〜70代の男女3人が戻らないと、宿泊予定だった山形県小国町の民宿から小国署に通報があった。3人とは連絡が取れておらず、同署...

  • 川に落とされたか、男性死亡 (8/2)

     2日午後8時20分ごろ、大阪市中央区の繁華街・ミナミにある道頓堀川そばの歩道で「外国人男性が川に転落したようだ」と通行人の女性から110番があった。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。若い男とけん...

  • 首都高外壁接触後、2台に追突 (8/2)

     東京都内の首都高速道路で1日夕、東京五輪のボランティアの50代男性が運転する大会関係車両が車2台に衝突し、そのまま走り去った事故で、車両が衝突直前に外壁に接触していたことが2日、警視庁への取材で分か...

  • 園児死亡バス運行マニュアルなし (8/2)

     福岡県中間市の双葉保育園に通う倉掛冬生ちゃん(5)が送迎バス内に取り残され、熱中症で死亡した事件で、保育園がバス運行時の安全対策などを定めたマニュアルを作成していなかったことが2日、関係者への取材で...

  • 熱海の盛り土、賠償請求を検討 (8/2)

     静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流で被災した住民が2日、市内で記者会見し、崩落した起点の盛り土を巡り県や市、土地の所有者らに対し損害賠償の請求を検討していると明らかにした。3日で発生から1カ月。22人...

 あなたにおすすめの記事