ニュース

東京822人感染、2人死亡 保育園児9人がデルタ株陽性

2021/7/9 19:21
 東京都庁

 東京都庁

 東京都は9日、新型コロナウイルスの感染者が新たに822人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は686・7人に上昇し、前週比は127・9%。70代の男性2人の死亡も確認された。

 新規感染者とは別に、変異株の検査で保育園児9人がインドで最初に確認されたデルタ株に感染していたことが判明。調査を進める。

 新規陽性者のうち、20代が270人と最多で、65歳以上は26人だった。感染経路が不明だったのは6割に当たる511人。ミャンマーからの帰国者も陽性が確認された。

 入院中の患者は前日より75人増の1857人、うち重症者は2人増の62人。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京で新たに3709人感染 (8/3)

     東京都は3日、新型コロナウイルスの感染者が新たに3709人報告され、7人が死亡したと発表した。

  • アメリカザリガニ放出禁止を提言 (8/3)

     外来生物対策を話し合う環境省の専門家会議は3日の会合で、生態系への影響が深刻として、外来種のアメリカザリガニとアカミミガメ(ミドリガメ)について、外来生物法による規制の必要性を示した提言をまとめた。...

  • 阪神梅田本店で新たに18人感染 (8/3)

     阪急阪神百貨店は3日、新型コロナの集団感染のあった阪神百貨店梅田本店(大阪市)で新たに従業員18人の感染が判明したと発表した。感染者は従業員115人になった。 阪急阪神百貨店の広報担当者は「感染経路...

  • 高齢者も自宅療養の可能性 (8/3)

     新型コロナウイルス患者の入院要件を厳格化した政府方針について、田村憲久厚生労働相は3日の記者会見で、高齢者や基礎疾患がある人が自宅療養となる可能性があるとの見解を示した。これまでは原則入院だったが「...

  • ライチョウ11羽、動物園に (8/3)

     環境省信越自然環境事務所は3日、長野県の中央アルプス駒ケ岳で保護していた国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウ11羽を、長野市の「茶臼山動物園」と栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」にヘリコ...

 あなたにおすすめの記事