ニュース

NY株最高値、448ドル高 金融株に買い、警戒感後退

2021/7/10 6:20
 ニューヨーク証券取引所=3月(AP=共同)

 ニューヨーク証券取引所=3月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比448・23ドル高の3万4870・16ドルと過去最高値を更新して取引を終えた。米長期金利が上昇したことから、利ざや改善が意識された金融株が買われて相場を押し上げた。

 世界の景気回復の遅れに対する警戒感が後退し、前日の下落で割安感が出た銘柄を中心に買いが優勢となった。原油先物相場が上昇したことから、エネルギー関連銘柄も買われた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反発し、142・13ポイント高の1万4701・92と最高値を更新した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   3日(日本時間16時) (8/3)

    16時現在           1ドル=             109円13銭〜          109円14銭    前日比  +0円53銭   1ユーロ=            129円58銭...

  • 日航、579億円の赤字 (8/3)

     日本航空が3日発表した2021年4〜6月期連結決算は、純損益が579億円の赤字(前年同期は937億円の赤字)だった。航空機の早期退役や給与カットなどの合理化策が寄与。ANAホールディングス(HD)と...

  • 東証反落、終値139円安 (8/3)

     3日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比139円19銭安の2万7641円83銭だった。米国の景気鈍化懸念や、世界的な新型コロナウイルス変異株の流行が経済再生への足かせにな...

  • 東京株式  3日終値      (8/3)

    <225種>          27641円83銭      前日比 −139円19銭  <TOPIX>         1931.14        前日比 −08.91    

  • 景気判断、3地域引き上げ (8/3)

     財務省は3日の全国財務局長会議に7月の経済情勢報告を示し、全11地域のうち東北、東海、近畿の景気判断を前回4月から引き上げた。半導体製造装置などの生産が持ち直していることや、新型コロナウイルスのワク...

 あなたにおすすめの記事