ニュース

教員免許更新制の廃止検討 10年ごと講習に負担

2021/7/10 23:23
 文部科学省

 文部科学省

 文部科学省が、教員免許に10年の期限を設ける教員免許更新制を廃止する方向で検討していることが10日、関係者への取材で分かった。10年ごとに更新講習を受ける必要があって教員の負担が大きく、萩生田光一文科相が3月、「抜本的見直し」を中教審に諮問していた。

 早ければ来年の通常国会での教育職員免許法改正案提出を目指すが、与党の一部に存続を求める意見があることから曲折も予想される。

 更新制は2009年に導入。期限前の2年間のうちに大学などで30時間以上の講習を受ける必要がある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 沖縄、米軍コンテナ落下で抗議 (7/26)

     沖縄県議会は26日、在沖縄米海兵隊のヘリコプターがつり下げ輸送中のコンテナを誤って海上に落下させたことを受け、駐日米大使らに宛てた抗議決議と、日本政府に対する意見書を全会一致で可決した。ヘリによるつ...

  • 台風8号、本州方面へ (7/26)

     台風8号は26日、発達しながら日本の東を北寄りに進んだ。27日ごろに東北から東日本に接近して上陸する恐れがあり、気象庁は大雨による土砂災害のほか、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を...

  • 大阪大の審良教授、捜索続く (7/26)

     奈良県警などは26日、奈良県天川村で登山中に遭難した可能性のある大阪大特任教授の審良静男さん(68)の捜索を続けた。捜索は2日目。審良さんは免疫学の研究で知られ、ノーベル医学生理学賞の有力候補として...

  • 2mのイグアナ逃げ出す、埼玉 (7/26)

     埼玉県川越市で25日午後2時10分ごろ、イグアナが所在不明になったと市内の20代女性から110番があった。川越署によると、住宅で女性が飼育していたグリーンイグアナが逃げ出したという。体長は約2m。2...

  • 母親「美帆に会いたい」、相模原 (7/26)

     相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、45人が殺傷された事件は26日、発生から5年を迎えた。事件で娘の美帆さん=当時(19)=を亡くした母親は、代理人弁護士を通じ「美帆に会い...