ニュース

給食パン詰まらせた小5男児死亡 新潟・佐渡

2021/7/11 20:48

 新潟県佐渡市は11日、給食で食べた米粉パンを喉に詰まらせて意識不明になっていた市立小5年の男子児童(11)が、同日未明に死亡したと明らかにした。

 市によると、男児は7日昼すぎにパンを喉に詰まらせ、ヘリコプターで新潟市内の病院に運ばれていた。

 佐渡市の渡辺竜五市長は「断腸の思いであり、申し訳ない。今回の事故を重く受け止め、このようなことが起きないよう、子どもたちの安心・安全確保に取り組んでいきたい」とするコメントを公表した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 首都圏4知事、夏の帰省自粛要請 (8/3)

     新型コロナの緊急事態宣言の対象となっている首都圏1都3県の知事が3日、テレビ会議を開き、感染力が強いデルタ株の影響でこれまでにない急激なスピードで感染が拡大しているとして、夏休みの旅行や帰省を原則中...

  • 福岡、園児送迎バスの実態把握へ (8/3)

     福岡県中間市の双葉保育園に通う倉掛冬生ちゃん(5)が送迎バス内に取り残され、熱中症で死亡した事件を受け、福岡県が県内の保育施設を対象に、安全管理の実態把握に乗り出す方針であることが3日、分かった。送...

  • 「がんに効く」サプリは虚偽説明 (8/3)

     消費者庁は3日までに、サプリメントの連鎖販売(マルチ商法)を展開するリーウェイジャパン(東京)の会員が新規勧誘をする際、「がんに効く」などと虚偽の説明をして購入を持ち掛けたのは特定商取引法違反(不実...

  • 盛り土崩落の危険認識か、所有者 (8/3)

     静岡県熱海市の大規模土石流で起点となった土地の現在の所有者が2013年、盛り土の崩落を防ぐための安全対策を実施すると記した文書を県に提出していたことが3日、県への取材で分かった。県は、現所有者側が土...

  • 五輪の暑さ対策、札幌でも課題 (8/3)

     東京五輪で暑さ対策が課題となる中、競歩とマラソンが行われる札幌市でも連日、最高気温が30度超の暑さが続いている。競技当日の5〜8日も真夏日の予報だ。暑さを避けるため東京から会場が移され、比較的涼しい...

 あなたにおすすめの記事