ニュース

政府、繊維企業の人権対応強化へ 指針策定を要請、ウイグル意識

2021/7/12 19:47
 経済産業省=東京都千代田区

 経済産業省=東京都千代田区

 経済産業省は12日、国内の繊維企業の取引先で強制労働や不当な低賃金といった人権侵害が行われていないかどうかを確認するための指針の策定を、業界団体に求める方針を決めた。中国による人権侵害が指摘される新疆ウイグル自治区産の綿の排除が世界的に進んでおり、日本政府もサプライチェーン(供給網)全体から人権侵害を排除する態勢を強化する。

 指針は、繊維関連のメーカーなどでつくる日本繊維産業連盟が国際労働機関(ILO)と協力して2022年をめどに策定する。企業が、取引先が労働者の人権を侵害していないかどうかを調べる際に活用してもらう狙いがある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京円、110円台半ば (7/26)

     連休明け26日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円台半ばで取引された。 午前10時現在は連休前の21日と比べ37銭円安ドル高の1ドル=110円45〜49銭。ユーロは50銭円安ユーロ高の1...

  • 東京株式 26日10時     (7/26)

    <225種>          27988円73銭      前日比 +440円73銭  <TOPIX>         1933.50        前日比 +29.09    

  • 為替相場  26日(日本時間10時) (7/26)

    10時現在           1ドル=             110円45銭〜          110円49銭    前日比  −0円37銭   1ユーロ=            129円96銭...

  • 東証、465円高 (7/26)

     連休明け26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、連休前21日の終値と比べ465円00銭高の2万8013円00銭となった。

  • 24日人出、8割弱の地点で減少 (7/24)

     NTTドコモがまとめた24日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち8割弱の73地点で前週土曜の17日から減った。24日から五輪の競技が本格化し、自宅などでテレビ観戦する人が多かっ...