ニュース

NY円、110円前半 

2021/7/13 6:41

 【ニューヨーク共同】週明け12日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比21銭円安ドル高の1ドル=110円30〜40銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1855〜65ドル、130円82〜92銭。

 米長期金利の上昇を受け、ドル買い円売りが優勢となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 消費者心理、2カ月連続の改善 (8/2)

     内閣府が2日発表した7月の消費動向調査によると、向こう半年間の消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整値)は前月比0・1ポイント上昇の37・5で2カ月連続改善した。新型コロナウイルスの...

  • 為替相場   2日(日本時間16時) (8/2)

    16時現在           1ドル=             109円66銭〜          109円67銭    前日比  −0円14銭   1ユーロ=            130円28銭...

  • 東証大幅反発、497円高 (8/2)

     週明け2日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発した。終値は前週末比497円43銭高の2万7781円02銭。前週末の平均株価が大幅下落した反動で買い戻す動きが出たことに加え、半導体関連銘...

  • 東京株式  2日終値      (8/2)

    <225種>          27781円02銭      前日比 +497円43銭  <TOPIX>         1940.05        前日比 +38.97    

  • 米政府、債務上限が復活 (8/2)

     【ワシントン共同】米連邦政府の借入限度額を定めた債務上限が1日から復活した。政府は当面、非常時の手法により資金を工面するが、議会予算局は与野党が対策を講じなければ10月にも資金が枯渇する恐れがあると...

 あなたにおすすめの記事