ニュース

庁舎内で職員自殺、パワハラ原因 北海道清里町、弁護士調査

2021/7/13 10:38

 北海道清里町の50代男性職員が2月に役場庁舎内で自殺した問題で、町は13日、調査を依頼していた弁護士が当時の上司のパワーハラスメントを認定したことを明らかにした。町は全面的に非を認め、関係した職員らを処分、遺族に調査結果を報告する。

 町によると、男性は2月25日に他の職員の前で上司から叱責され、翌日に自殺した。

 弁護士による調査は関係者約100人を対象に行われた。男性が妻に「今の上司の下だとつらい」などと話していたことなどから、パワハラが原因と結論付けたという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • J1名古屋との締結式中止 (8/5)

     名古屋市は5日、サッカーJ1名古屋と6日に開催予定だった連携協定の締結式を中止すると発表した。河村たかし市長が東京五輪ソフトボール日本代表後藤希友の金メダルをかじった問題を巡り、批判が殺到しているこ...

  • 台風10号、沖縄で荒天 (8/5)

     沖縄本島地方を進む熱帯低気圧が5日午後3時に台風10号に変わった。奄美を経て7日は四国沖に進み、8日にも東海・関東に接近・上陸する恐れがある。沖縄では天気が荒れ、気象庁は強風や高波、土砂災害に引き続...

  • 建設石綿で初の集団和解 (8/5)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんなどを発症したとして、北海道の元労働者と遺族らが国に損害賠償を求めた集団訴訟の控訴審は5日、札幌高裁(長谷川恭弘裁判長)で和解が成立した。原告代理人によると、...

  • 6日に広島原爆の日 (8/5)

     広島は6日、被爆から76年の「原爆の日」を迎える。広島市中区の平和記念公園では午前8時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれる。松井一実市長は、核兵器禁止条約の発効後初めてとな...

  • 児童のパラ観戦機会確保を (8/5)

     東京パラリンピック日本代表選手団の河合純一団長は5日、熊谷俊人知事と千葉県庁で面会し、競技会場がある自治体の児童や生徒にチケットを配布する「学校連携観戦プログラム」を維持し、観戦機会を確保するよう要...

 あなたにおすすめの記事