ニュース

J&J製で副反応に注意を追加 米、ギラン・バレー症候群

2021/7/13 11:59

 【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は12日、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応として、神経疾患のギラン・バレー症候群を発症するリスクが高まる可能性が示唆されているとして、ワクチンの説明文書に注意喚起を追加した。

 米メディアによると、100例ほど発症が確認され、非常にまれだが通常よりは高い頻度で報告された。50代以上の男性が多いという。同社製ワクチンは米国でこれまでに1300万人近くに接種されている。

 ギラン・バレー症候群は、手足など末梢の神経が侵され、運動障害や感覚まひが急激に進む病気。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、過去最多4166人が感染 (8/4)

     東京都は4日、新型コロナウイルスの感染者が新たに4166人報告されたと発表した。7月31日の4058人を上回って過去最多を更新し、爆発的な感染拡大の傾向が続いている。直近7日間を平均した1日当たりの...

  • 「環境に優しい五輪」支える (8/4)

     ENEOS(エネオス)や東京ガスなどが東京五輪・パラリンピックの会場運営などで活躍している。燃やしても二酸化炭素(CO2)を出さない水素や、脱炭素の電気・ガスを供給し、世界的に地球温暖化防止の機運が...

  • 選手村で初「クラスター」 (8/4)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、ギリシャのアーティスティックスイミングの選手4人と関係者1人が新型コロナウイルス検査で陽性が確認されたと発表し、高谷正哲スポークスパーソンは「クラスター(感...

  • レムデシビルの保険適用承認 (8/4)

     中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は4日、新型コロナウイルス感染症の国内初の治療薬として特例承認された抗ウイルス薬「レムデシビル」の保険適用を承認した。新型コロナは指定感染症のた...

  • 五輪関連、29人が陽性 (8/4)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、大会関連で、選手4人を含む29人が新たに新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。大会関連の陽性者は7月1日以降で累計327人となり、初めて300人を...

 あなたにおすすめの記事