ニュース

高知地裁、裁判長が公判中居眠り 2019年、強盗致傷事件で

2021/7/13 18:59
 高知地裁

 高知地裁

 2019年10月に高知地裁で開かれた強盗致傷事件の裁判員裁判の公判中に、吉井広幸裁判長が居眠りしていたことが13日、地裁への取材で分かった。外部からの指摘があり、地裁が調査していたが、本人が居眠りを認めたという。

 同地裁総務課は処分するかどうかは「適切に対処する」と述べるにとどめた。森崎英二所長は「司法に対する国民の信頼を損なうもので、重大事態と受け止めている」とコメントした。

 高知地裁によると、裁判長は刑事部の部総括。被告の弁護人から書記官を通じて居眠りについて苦情があり、当時の所長が本人に「誤解される行為がないように」と注意していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 首都圏4知事、夏の帰省自粛要請 (8/3)

     新型コロナの緊急事態宣言の対象となっている首都圏1都3県の知事が3日、テレビ会議を開き、感染力が強いデルタ株の影響でこれまでにない急激なスピードで感染が拡大しているとして、夏休みの旅行や帰省を原則中...

  • 福岡、園児送迎バスの実態把握へ (8/3)

     福岡県中間市の双葉保育園に通う倉掛冬生ちゃん(5)が送迎バス内に取り残され、熱中症で死亡した事件を受け、福岡県が県内の保育施設を対象に、安全管理の実態把握に乗り出す方針であることが3日、分かった。送...

  • 「がんに効く」サプリは虚偽説明 (8/3)

     消費者庁は3日までに、サプリメントの連鎖販売(マルチ商法)を展開するリーウェイジャパン(東京)の会員が新規勧誘をする際、「がんに効く」などと虚偽の説明をして購入を持ち掛けたのは特定商取引法違反(不実...

  • 盛り土崩落の危険認識か、所有者 (8/3)

     静岡県熱海市の大規模土石流で起点となった土地の現在の所有者が2013年、盛り土の崩落を防ぐための安全対策を実施すると記した文書を県に提出していたことが3日、県への取材で分かった。県は、現所有者側が土...

  • 五輪の暑さ対策、札幌でも課題 (8/3)

     東京五輪で暑さ対策が課題となる中、競歩とマラソンが行われる札幌市でも連日、最高気温が30度超の暑さが続いている。競技当日の5〜8日も真夏日の予報だ。暑さを避けるため東京から会場が移され、比較的涼しい...

 あなたにおすすめの記事