ニュース

最低賃金、協議を継続 労使の意見隔たり大きく

2021/7/14 10:27
 大詰めを迎えた中央最低賃金審議会の小委員会=13日午後、東京都中野区(代表撮影)

 大詰めを迎えた中央最低賃金審議会の小委員会=13日午後、東京都中野区(代表撮影)

 中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)の小委員会は14日、2021年度地域別最低賃金の水準について、労働者と経営者それぞれの代表と有識者が引き続き未明まで議論を続けたが、いったん打ち切り、同日午前10時現在、再開されていない。厚労省によると、労使の意見の隔たりが大きく難航。協議継続となった。

 20年度の全国平均時給は902円。新型コロナの影響をどう評価するかを焦点に、経営者側は現行水準維持を、労働者側は大幅引き上げを主張。14日中の決着を目指す。

 コロナ禍前は16年度から4年連続で年率3%超の引き上げを実現しており、政府はこの水準を目標に掲げている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   4日(日本時間19時) (8/4)

    19時現在           1ドル=             109円17銭〜          109円18銭    前日比  +0円04銭   1ユーロ=            129円46銭...

  • 東京円、109円台前半 (8/4)

     4日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台前半で取引された。 午後5時現在は前日比11銭円高ドル安の1ドル=109円10〜12銭。ユーロは13銭円高ユーロ安の1ユーロ=129円58〜62銭。...

  • AP通信、初の女性トップ就任へ (8/4)

     【ニューヨーク共同】米AP通信は3日、ゲーリー・プルイット社長兼最高経営責任者(CEO)の後任に、副社長兼最高執行責任者(COO)のデイジー・ベーラシンガム氏(51)が就任すると発表した。初の女性ト...

  • ソニー、連結純利益7千億円に (8/4)

     ソニーグループは4日、2022年3月期の連結純利益予想を7千億円に上方修正した。従来予想は6600億円だった。音楽や家電分野などが好調で、利益を押し上げる見通し。売上高は9兆7千億円に据え置いた。 ...

  • ガソリン9週ぶり値下がり (8/4)

     経済産業省が4日発表した2日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、7月26日時点の前回調査と比べて20銭安い158円20銭だった。値下がりは9週ぶり。 調査した石油情報センタ...

 あなたにおすすめの記事