ニュース

西、東日本で大気不安定 大雨・落雷に警戒呼び掛け

2021/7/14 10:07
 気象庁=東京都港区虎ノ門

 気象庁=東京都港区虎ノ門

 西日本から東日本では15日にかけて、大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。気象庁は14日、大雨の場所もあるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒を呼び掛けた。雷や突風も注意が必要。積乱雲が近づき、空が暗くなったり急に冷たい風が吹いたりした場合は、安全な建物への移動を求めている。大気不安定は16日も続くとみられる。

 気象庁によると、大気が不安定になるのは、日本付近の上空約6千メートルに氷点下6度以下の寒気が入る一方、西日本から東日本を通過している梅雨前線に暖かく湿った空気が流入するため。昼間の気温上昇も影響する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 登山の男女3人遭難か (8/3)

     2日午後6時25分ごろ、山形、新潟両県にまたがる朝日連峰に登山に出掛けた60〜70代の男女3人が戻らないと、宿泊予定だった山形県小国町の民宿から小国署に通報があった。3人とは連絡が取れておらず、同署...

  • 川に落とされたか、男性死亡 (8/2)

     2日午後8時20分ごろ、大阪市中央区の繁華街・ミナミにある道頓堀川そばの歩道で「外国人男性が川に転落したようだ」と通行人の女性から110番があった。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。若い男とけん...

  • 首都高外壁接触後、2台に追突 (8/2)

     東京都内の首都高速道路で1日夕、東京五輪のボランティアの50代男性が運転する大会関係車両が車2台に衝突し、そのまま走り去った事故で、車両が衝突直前に外壁に接触していたことが2日、警視庁への取材で分か...

  • 園児死亡バス運行マニュアルなし (8/2)

     福岡県中間市の双葉保育園に通う倉掛冬生ちゃん(5)が送迎バス内に取り残され、熱中症で死亡した事件で、保育園がバス運行時の安全対策などを定めたマニュアルを作成していなかったことが2日、関係者への取材で...

  • 熱海の盛り土、賠償請求を検討 (8/2)

     静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流で被災した住民が2日、市内で記者会見し、崩落した起点の盛り土を巡り県や市、土地の所有者らに対し損害賠償の請求を検討していると明らかにした。3日で発生から1カ月。22人...

 あなたにおすすめの記事