ニュース

NY円、110円後半 

2021/7/14 7:19

 【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比28銭円安ドル高の1ドル=110円58〜68銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1772〜82ドル、130円26〜36銭。

 6月の米消費者物価指数の上昇を受けて米長期金利が上昇し、日米の金利差拡大を意識した円売りドル買いが優勢となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証反落、終値139円安 (8/3)

     3日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比139円19銭安の2万7641円83銭だった。米国の景気鈍化懸念や、世界的な新型コロナウイルス変異株の流行が経済再生への足かせにな...

  • 東京株式  3日終値      (8/3)

    <225種>          27641円83銭      前日比 −139円19銭  <TOPIX>         1931.14        前日比 −08.91    

  • 為替相場   3日(日本時間15時) (8/3)

    15時現在           1ドル=             109円18銭〜          109円19銭    前日比  +0円48銭   1ユーロ=            129円66銭...

  • 景気判断、3地域引き上げ (8/3)

     財務省は3日の全国財務局長会議に7月の経済情勢報告を示し、全11地域のうち東北、東海、近畿の景気判断を前回4月から引き上げた。半導体製造装置などの生産が持ち直していることや、新型コロナウイルスのワク...

  • 農産物輸出、最高の5千億円超 (8/3)

     農林水産省は3日、2021年上半期(1〜6月)の農林水産物・食品の輸出額が前年同期比30・8%増の5407億円と過去最高になったと発表した。1品目20万円以下の少額貨物も含めると、総額は31・6%増...

 あなたにおすすめの記事