ニュース

島根原発、AIで異常検知へ 中国電力、運転員支援

2021/7/14 15:34
 人工知能(AI)監視システムを使う中国電力島根原発2号機の運転員=2日、松江市(同社提供)

 人工知能(AI)監視システムを使う中国電力島根原発2号機の運転員=2日、松江市(同社提供)

 中国電力は再稼働を目指す島根原発2号機で、トラブルの予兆を人工知能(AI)が把握し警告する監視システムを開発した。原発内部に設置したセンサーが異常を検知。AIが複数の異常を組み合わせて分析し、過去の類似するトラブルや対応策を示す。緊急時に運転員を支援し大事故を防ぐ狙いだ。

 2011年の東京電力福島第1原発事故後、全国の原発は再稼働した一部を除き長期間停止。運転経験のない若手社員が増え、トラブルを経験したベテランの減少が懸念されている。中国電では約100人の運転員のうち約40人は運転経験がない若手。AI監視システムは若手を支援する役割が期待されている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 唾液で迅速に大腸がん検査 (8/3)

     慶応大先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)の曽我朋義教授らは3日までに、唾液による大腸がん検査について、多くの人から採取した検体を一度に測定する技術を開発したと発表した。精度も高い上、検査に要する時間...

  • カクテル療法在宅患者にもと表明 (8/2)

     菅義偉首相は2日、重症化を防ぐ効果がある新治療薬の抗体カクテル療法について「50代以上や基礎疾患のある方に積極的に投与し、在宅患者も含めた取り組みを進める」と述べた。この治療法は、酸素投与は必要ない...

  • 政府、肺炎など中等症も自宅療養 (8/2)

     政府は2日夕、新型コロナウイルス感染症の医療提供体制に関する閣僚会議を首相官邸で開き、肺炎などの症状がある中等症について重症化リスクが高い人を除き、自宅療養とすることを決めた。家庭内感染の恐れや自宅...

  • 「第5波」波及、抑制へ正念場 (8/2)

     新型コロナウイルスの「第5波」が全国各地に波及しつつある。1日当たりの新規感染者数はこの1週間弱で14都府県が過去最多を更新。緊急事態宣言の対象は2日、6都府県に拡大した。夏休みは本格化し、人の移動...

  • 国内で新たに8393人感染 (8/2)

     国内で2日、新たに8393人の新型コロナウイルス感染者が確認された。前週月曜日の約1・8倍となった。都道府県別では東京2195人、神奈川1686人、千葉787人、埼玉762人など。死者は神奈川で5人...

 あなたにおすすめの記事