ニュース

東証反落、109円安 米金融緩和の縮小を警戒

2021/7/14 16:24

 14日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比109円75銭安の2万8608円49銭。米国経済のインフレ加速への懸念から、米連邦準備制度理事会(FRB)による量的金融緩和の早期縮小への動きを警戒した売り注文が優勢だった。

 東証株価指数(TOPIX)は4・48ポイント安の1963・16。出来高は約9億8100万株。

 前日発表された6月の米消費者物価指数の上昇率が市場予想を上回り、米ダウ工業株30種平均が下落。14日の東京市場でも米国の金融緩和縮小が意識され、景気回復が鈍化するとの観測が広がった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 名古屋に最大級の高級時計売り場 (7/27)

     ジェイアール名古屋高島屋(名古屋市)は27日、国内最大級の高級時計売り場「ウオッチメゾン」を開いた。「ロレックス」や「ブレゲ」など国内外の約90ブランドを取り扱い、約7千万円の腕時計も展示。高価格帯...

  • 為替相場  27日(日本時間18時) (7/27)

    18時現在           1ドル=             110円08銭〜          110円09銭    前日比  +0円12銭   1ユーロ=            129円65銭...

  • 水害リスクをAIで試算 (7/27)

     三井住友フィナンシャルグループは27日、人工知能(AI)を使って、地球温暖化による融資先の水害リスクを試算する新手法を開発したと発表した。傘下の三井住友銀行で利用する。従来はハザードマップに基づき国...

  • 楽天、携帯の基地局整備に遅れ (7/27)

     楽天モバイルは27日、世界的な半導体不足の影響で、携帯電話の基地局整備が遅れるとの見通しを明らかにした。自社回線の人口カバー率が96%となる時期を、これまで公表していた「今年夏ごろ」から「年内」へ修...

  • コロナ禍で会社が二極化 (7/27)

     新型コロナウイルス禍で景気が低迷する中、上場企業が正社員数で二極化している。東京商工リサーチによると、2021年3月末が決算だった1898社のうち、60%の1140社が事業拡大などのために1年前より...