ニュース

子宮移植、条件付きで容認 日本医学会が報告書、慶大が計画

2021/7/14 19:08
 「子宮移植」を巡る報告書をまとめ、記者会見する検討委員会の飯野正光委員長。左は日本医学会の門田守人会長=14日午後、東京都文京区

 「子宮移植」を巡る報告書をまとめ、記者会見する検討委員会の飯野正光委員長。左は日本医学会の門田守人会長=14日午後、東京都文京区

 病気で子宮がない女性が出産できるようにするため第三者の子宮を移植する「子宮移植」を巡り、日本医学会の検討委員会は14日、「少数に限定し、臨床研究として実施することを容認する」とした報告書をまとめた。患者の診断や治療、ケアに関する対策を強化するなどの条件を付けた。国内では、慶応大のチームが実施を計画している。

 臓器移植法では、脳死移植での子宮の提供は認められておらず、国内実施の場合は、母親などの親族からの子宮提供が想定されている。

 報告書では、手術に伴うリスクを患者や提供者など全ての関係者が十分理解した上で、実施を望むことが担保されていることを条件とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 五輪は国内感染広げずとIOC (7/29)

     IOCのアダムス広報部長は29日、東京五輪のメインプレスセンターで記者会見し、国内で感染者数が過去最多を更新していることに関連し「五輪関係者は最も頻繁に検査されており、パラレルワールド(別の世界)み...

  • 五輪関連で24人がコロナ陽性 (7/29)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、大会関連で選手3人を含む24人が新たに新型コロナウイルス検査で陽性になったと発表した。組織委が取りまとめた大会関連の陽性者数としては1日当たりで最多。陽性...

  • 尾身会長「さらに感染拡大する」 (7/29)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は29日、参院内閣委員会の閉会中審査で、首都圏を中心とした全国的な感染拡大について「今の最大の危機は社会一般の中で危機感が共有されてないことだ。危...

  • アストラ製、40歳以上で検討 (7/29)

     英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省が、40歳以上を予防接種法上の「臨時接種」の対象として位置付ける方向で検討していることが28日、分かった。30日の同省のワクチン分科...

  • 国内でコロナ感染、最多9千人超 (7/28)

     国内で28日、新たに9583人の新型コロナウイルス感染者が確認され、過去最多を更新した。首都圏1都3県で60%近くを占めた。感染力の強いインド由来の変異株(デルタ株)が首都圏を中心に猛威を振るってお...

 あなたにおすすめの記事