ニュース

京セラ、海洋データをブイで収集 潮流発電で稼働、長崎大と

2021/7/14 20:35
 京セラと長崎大が共同開発した「スマートブイ」

 京セラと長崎大が共同開発した「スマートブイ」

 京セラと長崎大は14日、センサーを使って水温などの海洋データを収集する「スマートブイ」を共同開発したと発表した。潮流発電システムを搭載し、稼働に必要な電力を安定的に賄う。バッテリー交換が不要になり、精度の高い漁場予測や海洋汚染の監視などでの活用が期待される。来年度中の実用化を目指す。

 潮の流れでタービンを回して電力を生み出す潮流発電は、太陽光や風力と違って気象の影響を受けにくい。長崎大が発電システムを設計し、京セラのセンサーや通信技術と組み合わせた。長崎県五島市の海域で4月に実施した試験では、5分おきにデータを送信。消費電力を上回る発電量を確保できた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  28日(日本時間20時) (7/28)

    20時現在           1ドル=             109円97銭〜          109円98銭    前日比  +0円11銭   1ユーロ=            129円81銭...

  • 日産、3年ぶり黒字へ (7/28)

     日産自動車は28日、2022年3月期業績予想の連結純損益を600億円の黒字(前期実績は4486億円の赤字)に上方修正したと発表した。通期の黒字は3年ぶり。従来は600億円の赤字としていた。主力の北米...

  • キリン、工場見学有料に (7/28)

     キリンビールは28日、現在一律無料の工場見学を10月から有料化すると発表した。国内に九つある全工場が対象で1人500円の参加費を取る。同社は適量飲酒を促す取り組みを進めており、試飲を楽しみながらも、...

  • 堂島商取、コメ先物試験上場断念 (7/28)

     大阪堂島商品取引所が農林水産省に申請中のコメ先物取引の本上場について、農水省の認可が得られなかった場合でも、試験上場の延長申請はしないことが28日、関係者への取材で分かった。これまで4回延長しており...

  • 三菱電機社長に漆間氏昇格 (7/28)

     三菱電機は28日、鉄道車両向け機器の検査不正で引責辞任の意向を表明していた杉山武史社長(64)が退任し、後任に漆間啓専務執行役(62)が昇格する同日付の人事を発表した。新体制で不正の全容を解明し、再...

 あなたにおすすめの記事