ニュース

最低賃金案に経営側2人が反対 労使双方が全員同意の慣例崩れる

2021/7/14 20:32

 厚生労働省は14日、最低賃金を全国一律で28円引き上げる中央最低賃金審議会小委員会の報告を決定する際、経営側委員2人が採決で案に反対したと明らかにした。審議が現在の形となった1981年度以降は有識者による公益委員が示した報告案に不満があっても、労使双方が全員同意するのが慣例となっていた。

 日本商工会議所と全国中小企業団体中央会の委員が反対。協議で、中小企業を代表する立場から、新型コロナの影響を理由に水準維持を強く主張していた。

 2人以外は反対しなかったため、報告は提案通りにまとまった。ただ、全会一致にできなかった影響が、今後の議論で表れる可能性もある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 五輪、ドローンや顔認証を導入 (8/3)

     東京五輪・パラリンピックで、先端技術が運営に貢献している。スポンサー各社は、夜空に多数のドローンの光で地球を描く開会式の演出を手掛けたり、競技場への不正入場を防ぐための顔認証システムを納入したりした...

  • 豪公衆電話、通話無料に (8/3)

     【シドニー共同】オーストラリアの通信最大手テルストラは3日、国内に約1万5千台ある全ての公衆電話の国内通話を無料にしたと発表した。地元メディアによると500万豪ドル(約4億円)以上の減収となるが、貧...

  • 為替相場   3日(日本時間16時) (8/3)

    16時現在           1ドル=             109円13銭〜          109円14銭    前日比  +0円53銭   1ユーロ=            129円58銭...

  • 日航、579億円の赤字 (8/3)

     日本航空が3日発表した2021年4〜6月期連結決算は、純損益が579億円の赤字(前年同期は937億円の赤字)だった。航空機の早期退役や給与カットなどの合理化策が寄与。ANAホールディングス(HD)と...

  • 東証反落、終値139円安 (8/3)

     3日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比139円19銭安の2万7641円83銭だった。米国の景気鈍化懸念や、世界的な新型コロナウイルス変異株の流行が経済再生への足かせにな...

 あなたにおすすめの記事