ニュース

米6月卸売物価7・3%上昇 10年以降で最大

2021/7/14 22:12

 【ワシントン共同】米労働省が14日発表した6月の卸売物価指数は、モノとサービスを合わせた総合指数が前年同月より7・3%上がり、比較可能な2010年11月以降で最大となった。5月の上昇率は6・6%だった。

 新型コロナウイルス禍からの経済活動再開による需要拡大に対して供給が制約されたことや、原材料価格の高騰などが要因。前年同月は新型コロナ流行で経済活動が停滞していたため、大きな伸びになった。卸売物価指数の前月比(季節調整済み)は1・0%上がり、上昇幅は前月の0・8%を上回った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   3日(日本時間 7時) (8/3)

     7時現在           1ドル=             109円31銭〜          109円34銭    前日比  +0円35銭   1ユーロ=            129円76銭...

  • NY円、109円前半 (8/3)

     【ニューヨーク共同】週明け2日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比36銭円高ドル安の1ドル=109円28〜38銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1866〜76ドル、129円67...

  • NY株続落、97ドル安 (8/3)

     【ニューヨーク共同】週明け2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末比97・31ドル安の3万4838・16ドルで取引を終えた。新型コロナウイルス変異株による感染再拡大への懸念か...

  • NY株式   2日終値     (8/3)

    <ダウ工業30種平均>      34838.16       前日比  −97.31  

  • 為替相場   3日(日本時間 2時) (8/3)

     2時現在           1ドル=             109円25銭〜          109円26銭    前日比  +0円41銭   1ユーロ=            129円67銭...

 あなたにおすすめの記事